庭園の郷保内の商品構成について。

大変ありがたいことに、
「庭園の郷は面白い商品がたくさんある」
「庭園の郷に来ると、何か買いたくなっちゃうんだよね…」
というお声をよくいただきます。

実は…ただのお土産やさんにならないように、かなり作り込んでいます‼︎
そのメッセージがお客様に伝わっているのであれば本当に嬉しい。

売り場の作り方について聞かれる事が多くなってきたので、その秘密を少し。

ほとんどの道の駅が『小売業』であるのですが、私自身、サービスエリアを含めてどこに行っても
”同じ商品ばかりで面白くない…”
と思ってきました。
(もちろん、それはお土産メーカーさん達の並々ならぬ努力の賜物なのですが。)

庭園の郷保内の場合は、旅行や観光で来られるお客様ばかりではない。
車で20〜30分圏内の方が圧倒的に多い。
ということを鑑みると、『新潟県のお土産』で揃えても喜んでもらえないのでは?

そう考えて、私が来た時に最初にやったこと。
いわゆる『箱菓子』を全て店頭から無くしました。
GWやお盆、お正月などには仕入れますが他の時期はほとんど置いていません。
最初にこの考えをお話した時に、お土産問屋さんやメーカーさんからかなりお叱りを受けた事を思い出します…
今では、皆さん信頼して任せてくださっていますが。ありがとうございます🙇

業者さんが「あそこの道の駅で、これ凄く売れてますよ!」という商品も最初は全てお断りしていました。
その代わり、お願いして問屋さんの倉庫を見せてもらって商品をバイイングしています。
おそらくほとんどの道の駅にはいないであろう、バイヤーを置いています。
季節に合わせて商品を入れ替え、新しい商品も積極的に取り入れています。

これは、私がアパレル時代からセレクトショップや百貨店さんとお付き合いをしてきて学んだ事です。
小売店はバイヤーが命。

・基本的には新潟県内の商品。
・でも気になれば県外の商品も入れる。特に道の駅つながりのものは積極的に。
・ただし、県外商品は1割程度に止める
・売り場レイアウトは商品構成によってその都度変える

手前味噌ですが…
この手法が取れる道の駅はなかなかないと思います。
このやり方で消化率ほぼ100%。ストックルームにはほとんど在庫はありません。

なんで庭園の郷保内ではそれができるのか?
については、またいずれ。

 

🎄燕三条じばさん感謝祭2020🎄に出店します。

毎年この時期に行われている、道の駅燕三条地場産業センターで行われる年末のイベント。
今年は開催も危ぶまれましたが…無事開催する事に決まりました👏

例年通り、庭園の郷保内からはクリスマス〜年末にかけてのツリーや苔玉を…

美味しいもの達に混ざって、緑の癒しを提供の予定です。
スタッフとの(シート越し、マスク越しの)おしゃべりも楽しんでくださいませ。

今年は県内外の道の駅も集合!
私は、どこかで店頭に立てるかな? 皆様のお越しをお待ちしております。

 

道の駅におけるコロナウィルス対策、対応について

じわじわとコロナウィルスが近づいて来ている感じがあります。
三条市でも、保育園でプチクラスターが発生し園児が感染したということもあり、対応方針を三条市と検討しています。

全国の道の駅の中には、社内で感染者が出た道の駅もあります。
全国「道の駅」女性駅長会内で、コロナ禍における対応・対策についての勉強会を来週開く予定でいます。

・感染者が出た時の対応
・閉鎖の流れと消毒、開館までの流れ
・従業員家族の所属先で感染者が出た時の対応
・費用や給与について
・テナントの対応
などなど…検討しておくべき事は多岐に渡ります。

道の駅は三セクも含めた指定管理者がほとんどなので、どこまで国、県、市町村が費用負担するか?どこからは会社負担なのか?
を決めておくだけでも運営側としては安心感があります。

いざ!という時にパニックにならないためのBCPを明確にしておくことで、スタッフはもちろんお客様への不安を少なくする努力をしていきたいと思っています。

この季節のお店が一番好きかも…

新潟県に住んでいると、この時期は
「いつ雪が降るか?」
「今年はどれくらい降るのか?」
という恐怖が襲ってきます。(私だけじゃないはず)

クリスマスまでは一年の中でもいちばん陽が短いので、それだけでも憂鬱…
ですが、庭園の郷保内のこの時期はクリスマスからお正月のお花や樹木、飾りで華やかになります!

毎年バージョンアップするカラフルなポインセチア。
憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれるほど強い色彩のシクラメン。
本物の樹木で作るクリスマスツリーは、作り物にはない趣があって大人のクリスマス🎄といった感じです。

お店の中は、この時期が一番好きかも。
お正月用の切り枝類も続々入荷中。

タイヤ交換しなくちゃ…

本日より時短営業となります。

12月に入りました。
今年もあっという間にあと1ヶ月…早い、早すぎる!

コロナウイルスの影響もあってか、今年は何もできなかったな…と感じている方も多いかと思いますが。
私もそのひとりです。
でもその分、これまでの人生では考えられない新しい体験や経験ができましたし、良い意味で考え方をリセットできたかな、と思います。

さて、12月から2月までの3ヶ月間は17時までの時短営業となります。
通常より1時間早い閉店となりますので、ご了承ください。

16時を過ぎるとあっという間に暗くなってしまいますが、お車の皆様はどうぞお気をつけて!

デザイン力。

お隣の道の駅たがみ。
庭園の郷保内からも車で15分ほどなので、ハシゴされている方も多いようです。
ありがたい!

この道の駅たがみ、新潟を代表するデザイン会社であるヒッコリースリートラベラーズさんがロゴ、店舗デザイン、商品開発などに関わられています。
特徴的なイラストなので、新潟県民なら
「なんか見た事ある!」
って方も多いのでは?と思います。

庭園の郷保内にはない、洗練された感じ!(笑)
やはりデザイナーさんが入ると、シュッとしますよね。。。

ポップを付ける際にセロテープ禁止だとか。

そういう細かいところから、美しさは作られていくのだと改めて。
そして枕詞が『やさしい道の駅』。
庭園の郷保内も何か考えようかな…

複合施設ブーム考察④ 公共と営利

何となく、③で終わるのは気持ちが悪かったので…もう少し続けてみます。

ありがたいことに、庭園の郷保内にも視察などで行政関係者や県内外の道の駅関係の方がお出でいただく機会が増えています。
みなさん、色んな角度から庭園の郷保内を知り、興味を持ち、訪問してくださることが心から嬉しく思います。

まだまだお見せするのが心苦しい部分も多いのですが…(発展途上施設と思っていただければ)

さて、行政が関わる複合施設では『公共』的な部分と『営利目的』の部分が共存している事が多いです。
道の駅は100%がこの対極な2つが共存しています。
その線引きとバランスの取り方はとても難しく、どこの道の駅でも苦労されていますが、まさにこの仕組みが個性的な道の駅を生み出していると思います。

庭園の郷保内でいえば、公共的な部分は『造園業の振興』『地産地消』『情報発信』です。
造園業の振興は、屋外での植木花苗の販売の他に造園業のみなさんの仕事道具である縄や竹、土などの資材類や剪定鋏などの道具類の取り扱いもあります。
地産地消は農業振興、情報発信は訪れるお客様へ向けたサービスということになります。

営利の部分はレストランやカフェでの飲食提供と、お土産物や雑貨などの物品販売です。

運営責任者としては、このバランスが本当に難しく、どちらに偏ってもいけない。
バランスを取りながら全体の満足度も上げていく、という舵取りが求められます。
もちろん、どちらか一方に偏った営業をしても良いのですが、個人的には関わる全員がWinWinWinになるためには、あまり偏り過ぎない方が良いのではと思っています。

お客様の感覚的にも、公共と営利のバランスが取れた道の駅を求めていらっしゃるように感じます。
みなさんは、どう思いますか?

 

クリスマスマーケット🎄

店内がどんどんクリスマス色になっています🎄
地味〜にクリスマスマーケット開催してます。(広報活動は自粛中)

スマスツリーを飾っているお宅も多いと思いますが、クリスマス前のこの時期はポインセチアやシクラメンなど、赤やピンクのカラフルなお花も多く並びます。
寒さに強いお花ばかりなので、冬の鬱蒼とした天気の中でも元気を与えてくれるのでおすすめ💪

ポインセチア、年々カラーバリエーションが増えている気がする…

クリスマスグッズも揃ってます。
今日は子供達が一生懸命選んでいて可愛かった!

コロナウィルスに加えてインフルエンザも心配な季節になってきました。
今年はクリスマスをお家で楽しむ人も多そうですね。

新潟の魅力。の続き。

少し前に燕三条駅を利用した時にこんな企画に出会いました。

 

新潟県花いっぱいプロジェクト

新潟県は、多種多様な切花の産地です。
ここに咲き誇っている美しいユリは、新潟県内で生産されたもの。
新潟県はユリ切花の作付面積全国第1位を誇り、ほぼ1年を通して、県内全域で栽培されています。

お恥ずかしながら、知らなかった…
こういうキャンペーンをやるなら、ぜひ庭園の郷にも声をかけてほしいなぁ…新潟県さん!
と思ったのですが、まだまだ認知が足りていないという事ですね。

クリスマス、お正月に向けて庭園の郷保内でも切花や切り枝がこれから続々と入荷します!
『新潟と言えば花』って全国の人に言ってもらえるようになりたいですね。

新潟の魅力

突然ですが、皆さんはニイガタ姉さんにあった事はあるでしょうか…?

最近、新潟で話題の姉さんです。(この紹介の仕方で合っているのかは疑問ですが💦)

大阪在住でありながら、勝手に(?)新潟を全力で推してくださっているんです!
どうやら、本当にこの格好で大阪市内も歩いていらっしゃるらしく…脱帽です…
ありがとうございます。

実は庭園の郷保内にも一度来られて、その時もこの格好でした。
スタッフが慌てて
「駅長!!!変な人が来ています!!
と慌てて私を呼びにきました(笑)

聞くところによると、大阪にある新潟物産館にお勤めの経験から新潟にはまってしまったのだとか。
新潟県内の方はご存知と思いますが、最近では県内のローカルテレビ番組に引っ張りだこ。大阪で新潟の魅力の発信もありがたいのですが、こうして外の方が発信してくれると、新潟県民として自信がつきますよね💪
もっと新潟を自慢していいんだー!って思います。

私も頑張ります。
そして、またニイガタ姉さんに会いたいな。