道の駅の将来を考える会がある事をご存知でしょうか…

道の駅第三ステージ推進会議にオンライン参加しました。

本当はこの会議に合わせて東京へ参る予定でしたが、コロナウイルス感染拡大を受けて上京は自粛しました。
ですが、こうしてオンラインで会議の様子を観れるなんて便利!

道の駅を楽しんでいらっしゃる皆様方にとって、このような会議など遠い存在かもしれませんが、
防災、観光、地域活性など様々な分野の専門家の皆様と国交省とが真面目に(当たり前か)、前向きに、語り合う会議です。
これからの道の駅の方向性がこの会議で決められています。(大げさではなく、本当にそうなのです…)

今回は全国「道の駅」連絡会が進める、これからの道の駅の新しい取り組みや防災ステーションとしての機能についての報告と議論が行われました。
特に『防災』に関してはいざという時の為のガイドライン、BPCを国交省が作成中です。

つい先日、私も北陸ブロックの駅長会議で
「防災マニュアルがある道の駅があったら、参考に見せて欲しい」
というお願いをしたばかりでした。

道の駅には、地元や近隣の方々だけでなく、遠方から旅行に来られた方や出張中の方も立ち寄られます。
そんな時に地震などの災害が起こったら…
数年前には、大雪で国道が動かずに何時間も立ち往生、なんてこともありました。
全国に1200近くある道の駅が、いざという時の災害ステーションであれば安心ですよね。

本当に道の駅の仕事は多岐に渡る…