複合施設ブーム考察 ①メリットとデメリット

昨今、道の駅をはじめとした複合施設のオープンが大流行中です。
たくさんの自治体が、地域活性や農業・産業振興の目的で複合施設を建設しています。
複合施設の運営者として、私自身の頭の整理も兼ねて少し考えてみたいと思います。

建設の際、国からの大きな(金銭的な)支援が期待できるというのも背中を押してくれるでしょう。
もちろん、道の駅のように利益を産むことができる施設は、ただの『ハコモノ』とは違い将来に渡って自治体に交流人口の増加や金銭的なバックマージンとしても利益をもらたす可能性が高いです。
道の駅の中には利益の○%は自治体に還元するというところも多くあります。
初年度から2000万円の利益を出した道の駅もありますから、ふるさと納税と同じように税収以外の収益としては魅力的です。

ですが、私がここで言いたいのは「簡単に考えないで欲しい」ということです。

言葉を選ばずに言えば、既にお客様からは
「道の駅って当たり外れがあるよね」
などと言われます。(怖い怖い怖い😱  その恐怖と日々戦っていると言っても過言ではない。)

思うような収益が得られずに、結局自治体が維持費や運営費を負担しているところも多いのが実情です。
特に指定管理制度(詳細については、ウィキペディア参照 Wikipedia指定管理制度)を採用している場合は従業員の職場環境も不安定です。

ですが公の部分と民間の部分が入り混じった道の駅のような営業形態というのは、現在の地方自治においては、とっても効果的で効率が良く現実的だと思います。

現在の日本では、大きな資本を持った企業の力がとても強いです。
営利を目的とした企業体ではなかなか扱えずに、滑り落ちてしまう業種や業態を救えるのがこの仕組みです。

例えば、小規模農家はまさにその状態で、かといって自分で売り先を探したりオンラインで販売するスキルもなく…
それが続いたら、日本の一次産業は間違いなく廃れて行きますよね。

庭園の郷保内の一番のウリは広い公園のような敷地に植えられている樹木が全て売り物である、という点です。
少子化や和風庭園離れから下向きだった、300年続いている保内地域の産業を新しい形で発展させよう!というのが「道の駅」庭園の郷保内の取り組みです。
これまでの「庭=お金持ちのもの」というイメージを払拭して間口を広くして、まずはたくさんの方に『こういう産業があること』『興味を持ってもらうこと』が目的です。

文字通り、保内地域と一心同体なのが「道の駅」庭園の郷保内です。
赤字になっても止められないのです!!!

複合施設を建設中の方々、これから検討しようとしている方々。
一心同体で地域と共倒れの覚悟ができるかをよーく考えてみてくださいませ。