苔好きのみなさまへ。

保内地域でもう10年も行われている『オープンガーデン』。
国際大学の生徒さんと一緒に体験してきました。(その様子はまた後日)

オープンガーデンには何度も行っていますが、この暑い時期に行くのは初めて…
ちなみに『オープンガーデン』は、保内地域の職人さんたちが自らの家の前の庭を開放している取り組みです。
プロが作る、自分のための庭…気になりません?

それぞれの個性や好み、方向性が現れている上に絶対に人に売れないお宝が拝見できるのも楽しみのひとつ。

例えば、樹齢200年越えの梅の木とか、保内地域で一番大きく(7、8mはあるんじゃないかな…)、古い五葉松とか。
そして個人的にとても好きなのがこの苔の庭。

お手入れがきちんとしているからこそ、保たれるこのふかふかの苔…
苔好きさんにはおすすめのお庭です。

保内オープンガーデンで探してみてください。
これから秋に向けては気候も穏やかで紅葉も始まり、一番良いシーズンです!

ワークショップが爆発中!

昨年から始めた常設ワークショップ。
寄せ植えや苔玉、ミニ盆栽など緑と触れることができるワークショップを企画しています。

三条市の農林課の広報誌にも取り上げていただきました。

そのおかげもあって、お盆から小学生を中心にワークショップが爆発中!
夏休みの課題にするのかな…

中でも人気は『苔テラリウム』

小さいガラスの中に苔を敷いて、好きな動物や人形を置いて自分だけの世界を作っていきます。

 

ピンセットを使って…集中!

 

細かい作業です。

 

苔は生き物なので、霧吹きで定期的にお水やりをしてくださいね。
人気すぎて動物と人たちの在庫が少なくなっていました。

 

あなたも苔と自分の世界に浸ってみませんか!?