English is FUN!

実は…
新潟経営大学が主催するサテライトキャンパス、大人の学び直し講座に秋から参加しておりました。

新潟経営大学で英語を教えていらっしゃる、川崎先生に週1回『おもてなしの為の英語』を教えていただきました。
燕三条地域は外国人旅行客も多くいらっしゃる地域です。
また、道の駅も全国的に今後インバウンド対応を目指していこうという気運があります。
私が使える英語やコミュニケーションを取ることはできても、ビジネスとして使える自信がない…ということで参加させていただくことにしました。

『おもてなしの為の英語』ということで

・英語でガイドする際のお決まりの言葉づかい
・日本語で説明する時と、英語で説明する時の違い
・質問の受け答え

などかなり実践的に体験することができました。

そしてメンバーは、鍛治道場の長谷川館長をはじめ、燕産業資料館のスタッフさん、燕三条地域でオープンファクトリーを行っている会社の営業さんや、老舗料亭の女将さんなどの顔ぶれでした。

一緒に学べる人がいるというのは、とても心強い!
先日のモニターツアーでも多いに役立たせていただきました。
今後はスタッフも対応できるように、道の駅の体制を整えて行きたいと思います。

So, thank you so much teacher and classmates, keep in touch and keep studying English from now on!

 

 

新潟経営大学 観光経営学部の発表を聞きに来てね。

本年も一年間、新潟経営大学の近藤教授の元で学生が保内地域の研究を行ってくださいました。

新潟経営大学は県内でも珍しい観光経営学部を有しており、近藤教授は◯◯ツーリストで何十年も現場で観光を実践され、研究されていらっしゃいます。
そんな近藤教授の元で

「保内地域を中心にした着地型観光」
「エコツリーリズム」

の可能性について、保内地域の方々のお声を聞いたり実際に地域を歩き回ったりしながら調査してきました。

簡単に言えば、
「外国人も含めた外からのお客様が保内に来た時、何が楽しい?何に感動する?」
「保内だけの宝物ってなに??」
ということを地元の人の話を聞きながら調査しました。

その結果は最終的には”12ヶ月のカレンダーに集約されます。

実は今年で、この取り組みも3年目。

2017年→道の駅でのアンケート調査
2018年→道の駅でのアンケート調査その2
2019年→保内地域全域で聞き取り調査

と少しずつ、少しずつバージョンアップ。
「道の駅」をゲートウェイとした観光のあり方について今年もとっても丁寧な研究をしていただいています。

今年は、学生が考えたツアーアイディアの紹介もあります。(これが、本当に想像の斜め上をいっていて面白い!!)

これまでの研究成果の発表会を行いますので、ぜひたくさんの皆様にお越しいただきたいと思います。
(もちろん、メデイアも大歓迎!)

 

期日 2月14日(金)  15時半~(30分程度)

場所 道の駅 庭園の郷 保内  カフェスペース


当日は場所もオープンになっておりますので、お買い物のついでに見て行ってくださいね。

お待ちしています。
(写真は昨年の発表会の様子です。)

 

 

 

__________________________________________________________

🌳 お問合せ、ワークショップのお申込みはお電話で!
☎︎ 0256387276

🌸 道の駅 庭園の郷保内のお得な情報をLINEでゲット!
友だち追加

_____________________________________________________________

大学生との取り組み2

新潟経営大学との取り組みがもうひとつ。

今年で3年目になる、夏休みの研修です。
8月の後半、10日間ほど庭園の郷でインターンシップ的に活動をしてもらいます。

今年は男女1名ずつ、ふたりでの参加!
観光経営のフィールドワークとして、ふたりとも色々なアイディアを考えている様子。

楽しみにしています!
見かけたら声かけてあげてくださいね。

大学生との取り組み。

毎日暑いです…
テレビでは連日、猛暑のニュースが流れておりますが皆様の体調はいかがでしょうか。

夏休みでお出かけの予定の方もいらっしゃると思いますが、くれぐれも熱中症対策だけは忘れずに!!

 

さて、今日は新潟経営大学との取り組みを。
観光経営学部 は新設されて間もない学部ですが、庭園の郷では3年目の連携事業を行っています。
昨年、一昨年は夏休みの期間を利用して10日間ほどの実習を庭園の郷で行いました。
業務体験の他、アンケート調査を行い顧客実態調査を行ってきました。
今年は一歩外へ出て、保内地域全体の研究をし地域資源を観光化するという実習を行っています。

お世話になっている近藤教授は長く大手旅行代理店で現場業務をされてきた方。
地域の宝探しをして、それを観光資源にするという業務を長くされていらっしゃるので先生の生徒さんは本当に貴重な体験をされていると思います!

6月から3回に渡り、地域の方々に集まっていただいて文化や歴史についてのお話をしていただきました。

生活、産業、歴史、食べ物…
その地域ならではのものを200個集めるのが目標!
(現在約100個)

これを集めて年間カレンダーを作る予定です。
私もできあがりが楽しみです。