複合施設ブーム考察 ②コンセプトって…

お客様の『道の駅愛』に助けられている毎日ですが、昨今のお客様は本当にお目が高い…
商品に対してのクレームならまだしも、

「あそこの道の駅は何がやりたいのかわからない」
「ここの道の駅のコンセプトは何なのか」

というど直球の意見をいただくことがあります。
これは全国「道の駅」女性駅長会の会長としての立場から言うと、『道の駅の広報』が成功している証でもあり嬉しいことです。
(イチ運営者としてはドキッ!としますが😅)

これは、全国一号となる道の駅からここまでの歴史を作ってきた先輩方のお力に他なりません。
たくさんの方の努力の上で、私もお仕事をさせていただいています。

「道の駅のくせに、野菜が少ない」
「道の駅のくせに、正月に休むなんて」

というご意見もいただきます。
「道の駅=直売所」「道の駅=お土産を変えるところ」
というイメージが浸透している証拠ですよね。
それも、これまで頑張ってきた皆様の努力の賜物。

庭園の郷保内は、
「こんな道の駅あるんだ!」
と言っていただくことも多く(これはこれでアリだね、と思っていただいてるという前提で…)、お客様に新鮮で前向きなビックリを提供したい。という個人的なビジネス信条に沿っており、お褒めの言葉と受け取っています。

近いところでは、「道の駅」燕三条地場産センターは野菜がなくて怒られる道の駅ですが金属加工業で世界的な有名な燕三条地域のプロダクトを一挙に見て、試して、買うことができます。
コンサートホールと一体になっている道の駅もありますし、
「こんな道の駅あるんだね」
という道の駅が増えることにより、お客様から「この道の駅のコンセプトは何ですか」という質問に繋がっているんだろうなぁ、と思います。

北陸地域のアンケート結果から見ても、コンセプトがはっきりしている道の駅が人気上位に入っている印象です。

コンセプトって、お客様へのメッセージだと思っています。
メッセージがダイレクトに伝えられるように、私もスタッフも努力しています。
庭園の郷保内のメッセージを感じてくださいね!