東京オリンピック ホストタウン。

東京オリンピックが始まりました。

賛否両論あることは承知していますが、
なんだかんだで
オリンピアンの勇姿を見るのは
勇気をもらいますし
観たい気持ちになります。

(昨日のサッカー日本代表も、終始ワクワクドキドキしました⚽️)

さて、ご存知の方も多いと思いますが
三条市はコソボ共和国の
ホストタウンとなっております。

2年前に一度、ブログにご紹介していました。
関連記事はこちら 👇


https://honai-gardens.com/blog/archives/1010/

私もホストタウン実行委員として
コソボ共和国からのオリンピアンをお迎えする予定でしたが
コロナ禍ということもあり
最低限のスタッフで対応することになりました。

でも実は…
三条市 政策推進課の方々と相談して
選手が宿泊する施設に少しでもおもてなしの気持ちを届けたい!
ということで
和風の装飾の設えをさせていただくことに。

庭園の郷保内の緑花木リーダー
山岸君が装飾を担当しました!

選手たちは
羽田空港から専用バスで三条入り、
そのまま宿舎と練習場である三条市体育館との行き来のみ。

羽田空港→合宿所→体育館→合宿所・・・

合宿所の周りをお散歩する以外は(それも敷地内のみ)
カンヅメ状態なんです。
いくら大切な大会の前とはいえ
息が詰まるのではないかっ!

ということで、
少しでもリラックスできるようにと
談話室にグリーンを入れさせていただきました。

オリンピックエンブレムのモチーフとなった
「市松模様」を苔で再現。
ギボウシや紫陽花が日本の夏らしい!

ギボウシは日本産まれ。
シーボルトがヨーロッパに持ち帰って
各国で品種が増えた植物と言われています。

ヨーロッパの紫陽花は、日本の紫陽花に比べると
色がもっと鮮やかで明るいんですよ。
日本のようなくすんだ色合いやクリーム色はヨーロッパでは珍しい。

緑花木チームがコンセプトからデザインまで考えてくれました!
さすがっ👏

選手が眠るそれぞれの部屋には、
苔玉を。

日本選手と同じくらい、
コソボ共和国の選手団も応援したいと思います!

皆様もコソボ共和国の選手にぜひ、
ご注目ください🇽🇰