弥彦村の枝豆のこと。

新潟県弥彦村といえば
越後一宮、弥彦神社がおなじみです。

東京からのお客様やお友達が新潟に来ると
「パワースポットの弥彦神社に行きたい!」
と言われる確率高し。

確かに、
あの大きな鳥居を抜けると空気が違って感じるのは
私だけじゃないはずです。

その!
弥彦村が!!
枝豆に力を入れているのをご存知でしょうか。
それも、村長自らがトップセールスマンとなり
海外輸出(それもドバイがターゲット!)を狙っていることを。

枝豆課長(正式名称は農林課長)には
農協でプロとして勤務されてきた方を起用され、
かなり大掛かりな施設も建設されたとか。
(近いうちに見学させていただきます!)

思えば5月の新潟日報さん主催のフォーラムで
弥彦の小林村長とご一緒させていただいた事がきっかけで
庭園の郷保内でも取り扱いをさせていただけることになりました👏

※ 関連ニュースはこちら
新潟日報モア
https://www.niigata-nippo.co.jp/niigata-areasolution/kenoh/feature/pg5-01.html

このフォーラムの3日後には、
弥彦村の枝豆課長(いや、農林課長)からお電話をいただき
あっという間に商談が成立しました…
そのスピード感に
小林村長のビジネスマンっぷりに頭が下がります。

お盆に合わせて予約販売させていただきます。
予約開始の際は、ブログなどでご連絡しますので要チェックです!
新潟県内、弥彦村以外で手に入るのは
庭園の郷だけっ!

夏の贈り物にもぴったりな冷蔵ケース入りもご用意。
弥彦村の渾身の枝豆をぜひご賞味ください。

↓ 弥彦村長の厳しい審査をクリアしたパッケージ。

もちろん、毎日朝採りの野菜を届けてくださる
農家さんの枝豆も絶賛販売中です!

新潟の夏の食卓にはいくら枝豆があっても足りないもの。
今年はぜひ
様々な品種の食べ比べをしてみてください!