新潟経営大学×保内

新潟経営大学のワークショップに参加しました。
「加茂市民と観光まちづくり講座」
です。

この会を主催した近藤教授とは
保内を舞台に4年間
『道の駅を核とした保内地域の観光宝さがし』
というテーマで一緒に研究活動を行ってきました。

三条市や北陸「道の駅」連絡会の協力もいただき
道の駅が地域のゲートウェイとなるには?
道の駅から始まる交流人口の増加の仕組みとは?
といったことを
学生たちが中心になって考えてきました。

・道の駅でのアンケート調査
・保内地域を歩きまわって、観光の種探し
・国際大学の留学生に協力してもらってテストマーケティング
・カレンダーやマップづくり…

などなど、4年かけて行ってきたことが
保内のオープンガーデンやまちあるきのプログラムになっています。

参考までに、2年目の報告書がHPにアップされていましたので
お時間ある方はぜひお読みください。
(報告書が論文で、毎年かなり苦労しました…)

※北陸地域づくり協会 第25回事業報告
「道の駅」庭園の郷保内を核とする訪日外国人旅行者拡大のための研究事業http://www2.hokurikutei.or.jp/works/public/josei/data/25/06.pdf

この活動がベースとなり
今回加茂市の方々を巻き込んだ活動へと昇華しました!
近藤教授や新潟経営大学の皆さまが
常々「地域のためにある大学」
を意識されていて、その想いの成果だと思います👏

学生合わせて50名もの参加があり、
とっても活気があった!
僭越ながら、私と広報の進藤が途中からゲスト参加させていただいたのですが
元々加茂市民なので
私自身もかなり楽しませてもらいました!

長くなったので、詳細は後日…