『道全協だより』に寄稿させていただきました。

絶対にこの業界に入らなければ触れることのなかったであろう紙面に、
ここ数年で何度も接して来ております。

新潟県よりお声がけいただき、『道全協だより』に寄稿させていただきました。
正式名称
〜道路整備促進期成同盟会全国協議会〜
1,621の団体様と、1,691の市町村からなる組織です。その会員向けに発行されている紙面です。

様々な組織があるものですね。
(まぁ、道の駅の関係者でもなければ『全国道の駅連絡会』だの『全国道の駅女性駅長会』だのはご存知ないでしょうから…)

今回は、『道の駅が作る未来の道』と題して寄稿させていただきました。
なかなか一般の方の手に触れる事はないので、全文こちらにも記載します。
もしお時間があればご一読くださいませ。

*****************

「道の駅が作る未来の道」

 

道の駅を利用したことはありますか。道の駅は、現在全国で1180駅を数えます。
24時間トイレと駐車場が無料で利用でき、近年整備される道の駅には授乳室の設置が義務づけられています。

 

全国に道が張り巡らされ、その途中でドライバーが休憩できるようにと休憩施設として生まれた道の駅ですが、25年経って様々な形に進化しました。

 

地元の特産品を紹介する場所として、観光の拠点として。
情報収集の場所であり、地域の人や趣味の合う人が集う公民館のような道の駅もあります。

 

私が勤める道の駅庭園の郷保内は、植木の生産地として300年の歴史がある三条市保内地区の振興と発展を目的として設置されました。

 

公園のように広がる屋外では、常時6000種類以上の植木・花苗の販売を行っていますが、購入するだけでなく職人から直接アドバイスが受けられ作庭の相談ができる他、ペットを連れての散歩や屋外やテラス席での飲食などで楽しんでいただいています。

 

道の駅にはファンも多く、全国の道の駅めぐりを楽しむ方も多くいらっしゃいます。
コンビニエンスストアなどと違い、全国各地の道の駅がその土地の特色を全面に出して運営を行っています。
そのため、地域をダイレクトに感じられる所がファンを増やしている所以でしょう。道の駅を巡るようになって日本の良さを知る事が出来たというお客様もいます。
私もその一人です。
視察などで道の駅を巡るうちに、日本にはまだ知らない素晴らしい土地がたくさんあるという事を実感し、同時に自分の住む地域の素晴らしさも感じる事ができました。
何よりも道の駅を巡るには、下道を走らなくてはならず高速道路とはまた違った風景を観ることができるのも楽しさを増しています。

 

私は昨年発足した全国道の駅女性駅長会で会長を務めておりますが、それぞれの地域課題を解決しようと奮闘している仲間が全国にいます。
地域産業の振興や観光だけでなく、移住や子育て支援、防災…と道の駅に課せられている役割は多岐に渡ります。
道の駅の運営は行政と地域、あるいはお客様とを結ぶ通訳のようなお仕事で、各地で道の駅を核としたまちづくりが行われています。
全国道の駅女性駅長会では、その道の駅同士を横で繋ぎ、あらゆる地域課題の解決策を共有し、共に考える組織として活動しています。
道路もまた、道の駅と道の駅、すなわち地域と地域を繋ぐ役割を果たしていると感じます。

 

「道の駅」を利用いただくことは、そこに住む地域の人々の豊かさや幸せに直結します。
道の駅のファンが増え、地域の笑顔が増える事で地方がもっと元気になることを願っています。

 

道の駅 庭園の郷保内 駅長 / 全国「道の駅」女性駅長会会長
加藤はと子

Tenyテレビ新潟さんの道の駅企画。

Tenyテレビ新潟さんの、素敵な道の駅企画に参加させていただきました!

道の駅を訪問し、そこに出荷したり出店している業者さんを巡るという企画です。
地域活性が一大ミッションの道の駅にとっては本当に素敵な企画。

Tenyさん、ありがとうございました!

庭園の郷保内からは、諸橋農園さんと栗山物産さんをご紹介いただくことになりました。
どちらも保内地域の業者さんで、庭園の郷保内から歩いても行けますよ!

諸橋農園さんは、自社のお庭のオープンガーデンを。
栗山物産さんは桐の特性を活かした商品の数々をご紹介いただきました。
ご協力ありがとうございました!

放送は8月27日(木)新潟一番!内にて。
ぜひ、皆様ご覧ください。

 

全国「道の駅」女性駅長会

昨日、全国「道の駅」女性駅長会の第一回会合を開催しました。
私と、全国から集まった他の4人の女性駅長たちが発起人となり発足した会です。

他にも全国から女性の駅長やスタッフが15名ほど参加してくださいました。
本当に皆さんにお会いできて嬉しかった!

国土交通省 道路局長 池田様
全国道の駅連絡会会長の石井南房総市長
国土交通省道路局企画室長 水野様
JTBパブリッシング エグゼクティブアドバイザー 楓千里様
全国道の駅連絡会事務局長 阿部様

などなどご来賓の皆様、たくさんのメディアの方々、様々な企業の方々や行政の皆様など80名を超える方が集まってくださいました。

國定市長ビデオメッセージ

國定市長もビデオメッセージで参加してくださいました!
ありがとうございます。(撮影してくださった石塚次長も…遠いところ来てくださってありがとう!)

最初の挨拶が緊張しすぎてダメダメでしたが、本当に良い会になりました。
写真の事例紹介は私たちらしく、自然体で皆様に楽しんでいただけたのではないかな…?
僭越ながら、会長に就任させていただきました。
この後、国土交通省や全国道の駅連絡会と連携しながら道の駅の発展のお手伝いができたら良いなと思います。

ご興味ある方は、こちらでアーカイブを見ていただけます。
会場として利用させていただいたトラベルハブミックスのフェイスブックページです。
https://www.facebook.com/pg/travelhubmix/videos/?ref=page_internal

フリーペーパー道の駅 杉山さん、石川さん、小沢さん。未知倶楽部の城所さん、小川さん、準備から当日の裏方まで本当にありがとうございました!

そして一緒に登壇した皆さん。当日参加が叶わなかった織田さん。
引き続きよろしくお願いします!

写真は道の駅ましこの山崎さんの差し入れ、『ましこのいちご』。
新潟の苺の旬は5月なので、この時期の苺は本当に嬉しい!

テレビ新潟さんに取材していただきました!

昨日、テレビ新潟さんに取材していただきました。

内容は…

・オムツの自販機のこと
・液体ミルクの販売のこと
・全国「道の駅」女性駅長会のこと

です。
放送日は今日の予定でしたが、ニュースは生物。別日に調整になったようです。
新潟県内の皆様、『夕方ワイド新潟一番』をチェックしておいてくださいね。

液体ミルクの上手な使い方

先日、朝NHKで紹介されていた!

液体ミルク。
正確には、液体ミルクにセットする「哺乳瓶の飲み口」の紹介だったのですが。

その特集が”外出時の荷物を軽くする工夫”でした。
ベビーと出かける時は哺乳瓶、ミルク、ポットに入れたお湯が必要。
私も持ち歩いていましたよ…
おまけにオムツ、おしりふき、いざという時の着替え、タオル…
どんどん荷物が増えていきますよね。

その上ベビーを抱っこしたり、ベビーカーだってかさばります。それが液体ミルクなら小さいパックでOK!

ぎゅっと荷物が小さくなって、場所も選ばずに衛生的にミルクをやれるんです。

良い時代になったなぁ…
マジでおすすめです。
庭園の郷でも取り扱い始めていますので一度試してみてください。

使い方はスタッフに聞いてね!

ニッポン放送「ラジオ国土学入門」に出演します。

ニッポン放送
「大石久和のラジオ国土学入門〜道の駅プレゼンツ〜」に出演します。

日本放送
11月1020時〜20時半です。

大石久和さんといえば…国交省を退官されてからというもの、国土学のご専門で東大、京大と名だたる大学の教授を務められている方です。
その大石さんが道路などのインフラ整備、災害、道の駅について多いに語っていらっしゃる番組が
「ラジオ国土学入門」です。

毎回、道の駅の駅長が順番に紹介されるコーナーに出演させていただきます。
ほんの数分ですが…
私たちの道の駅の魅力を十分に伝えられたらいいな!
(なにげに全国メディアデビューで大変緊張しておりますが)
聞いてねっ!

UXまるどりっ!が来てくださいました。

今日は朝から有名人が!
UXで長くアナウンサーとしてお勤めになったコンさんが、まるどりっ!の朝イチ取材にきてくださいました。

お会いするのは3回目なのですが、いつもどっしりと構えて生放送でも安心してご一緒できる職人技は毎回すごいなー!と思います。

今回は秋のガーデンフェスに合わせて、人気の樹木やワークショップのご紹介をさせていただきました。

今日も待ち時間に色んなお話を伺って楽しかった!
その後は電話での問い合わせや、テレビをみて来たよ!ってお客様や知り合いがたくさん。(知り合いからLINEも結構来ました…)

テレビの力は偉大です!
またよろしくお願いいたします。

道の駅のもうひとつの役割

春分の日に開催された、十日町市での「防災セミナー」に参加して来ました。

道の駅の役割と言えば

  • 休憩機能
  • 情報発信機能
  • 地域連携機能

が3つの柱。

ここに「防災機能」という4本目の柱を作ろう!

という取り組みが十日町市の「道の駅クロステン十日町」から始まりました。

実はこの道の駅、中越地震の時に避難場所として活躍しました。

道の駅が災害拠点になった初めての事例。

「道の駅越後川口 あぐりの里」や「道の駅ちぢみの里おじや」と共に震災復興のキーステーションとなりました。

そんな震災体験をされている駅長様がたと一緒に登壇させていただきました。

その日は防災イベントもやっていて、自衛隊や警察の災害車両も。

セミナールームやステージも備えた広い道の駅。隣には温泉や図書館、美術館もあります。

現在、公には1145の道の駅がありますが、夏までには1500になると言われています。

その道の駅を社会インフラとして使えたら、地域にとっても旅行者にとっても、そして行政にとっても良いことだと思います。

備忘録的に数回に分けて書き綴ってみたいと思います。

 

メディア取材「もっと新潟NAVI」

もはや、先々週の話…

Teny新潟テレビ さんが発行している、「もっと新潟NAVI」の取材をお受けしました。

取材というより、女子トークな感じでしたが…💦
私がこの2年間で勉強してきた事や、保内という地域への想いも沢山お話しさせていただきました!

4月から新潟県内だけでなく、近隣市町村にも配布されるとか。
表紙は庭園の郷のレストラン、ジャルディーノフェリーチェの春メニューが飾ります🌸

沢山の方の目に留まりますように。

永花

遅ればせながら…

あけましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願いいたします。

 

1月もあっという間に3分の1が過ぎてしまいました。すっかり通常通りに戻っていますが、個人的には長男の大学受験が迫っており…

受験生の母とは大変なものですね‼︎

 

ところで、お恥ずかしながら…本日の新潟日報の朝刊に掲載いただきました。

私が保内でやっているお仕事を4時間くらいお話させていただいて(笑)素晴らしい記事にしていただきました。田村記者、ありがとうございました♪

その時に「新元号」を考えてください。と言われて考えたのが

『永花』(えいか)

花がずっと咲き続けるような、キラキラがずっと続いていくような…

そんなイメージで新しい時代が創られていったら良いな!と思っています。

新しい年が、皆様にとって幸多きものとなりますように!