桜も最後🌸🌸🌸

年度末からの慌ただしさに紛れて、桜を鑑賞する機会がなくなりそうだったので…
少し早く家を出て出勤前にお花見を少しだけ。

満開を少し過ぎた頃ですが、世界がピンク色に染まる感じが日本の春らしくてやっぱり良い景色ですよね。
例年この時期を目掛けて日本に来られる外国人旅行者も多いと聞きますが、今年は実現できなかったでしょうね。
来年こそはこの景色をたくさんの人に見ていただきたいものです。

今年度も、新潟経営大学と協働してインバウンドの研究事業を行っていく予定です。
いつか外国人の方に保内地域をご案内する日が来ますように。

女性に大人気。ルピナス。

ルピナスという花を知っていますか。
特徴的なとんがり帽子の風貌で、カラフルな色合いが女子心をくすぐるお花です。

春になって、ルピナスが売り場に出てくるとウキウキします。
お庭にいくつかあると、庭のアイキャッチポイントになっておすすめです。

色もピンクや紫系のものが多くて春気分が増しますし、大きな緑色の葉っぱも存在感があります。
おまけに、地植えすると来年も勝手に咲いてくれるなんて!

そんな優秀&コスパの良いルピナス、育てるのも簡単なのでぜひおすすめです。

三条市観光協会。

三条市観光協会の理事会がありました。
当て職という言い方が相応しい、本当に何もできない理事なのですが💦

今年度決算と来年度予算について。
今年度はコロナの影響で、何もできなかった…
というのが現実ですが、来年度はコロナ対策をした上で観光事業をやっていきたいという流れです。

観光業はどこも同じ現状だと思いますが、
何ていうか…がんばりましょうね!
4月を前に、新しい戦いが始まったような。そんな気持ちになっています。

田植えの準備が始まりました!

これは私の実家の様子ですが…
田植えの準備が始まりました。

ここに籾を入れて水につけるという作業を2週間ほど。
その後『すじまき』と言われる稲の種まき作業を行って、ハウスで育苗します。

田植えの準備というより、すじまきの準備かな。

田植えのやり方って地域によっても差があるようなので一概には言えませんが。
この景色を見ると春がくるなーって思います。

それにしても…
紙に書くと無くすから、とここに書いたのでしょう。父の仕業。
効率的!

お彼岸。

今日から彼岸の入り。
ということで、朝からお花の準備で大忙し!

お彼岸とお盆は、店内がこんな感じになります。
お花の販売は、生き物なので大変なのですが季節感があって良いですよね。
今日も箱いっぱいにお買い物されている方も沢山いらっしゃいました。
三条新聞さんも取材に来られていたので、数日中に季節を感じる記事にしてくれると思います。

日曜日まで、お花は沢山準備しますので春の始まりと季節の節目をお祝いしましょう。
私もお寺に行かなければ…

確実に春がきています🌸

新潟の今日は、きおんが10度を超える春日でした。
個人的には、この時期の越後平野の景色が、一年の中で本当に好きです。

新潟は県堺にそれぞれ山があります。
春が近いこの時期は、三条から新潟へ向かう越後平野には雪がなく、桃や桜の花を待つ頃です。ですが県境の山々には雪が降り、越後平野の山々とのコントラストが本当に美しく、大好きなシーズンです!

コロナがなければ、たくさんの人にこの時期がおすすめ!と大声で言いたいところですが…
個人的には、外国みたい!と思っている景色です。

もうすぐ春。皆様にも春が訪れますように!

総合計画策定委員について。

実は、お隣加茂市の総合計画策定委員のご用命をいただいています。
加茂市では、25年ぶりに総合計画を策定するということで、市長以下職員さん達からも並々ならぬ意欲を感じています。

私は行政活動や生活・環境などの担当として基本計画の審議をさせていただきました。
行政の中にいると、どうしても市民の目線を気にしてしまったり、組織ゆえに上司や他部署に言えないことも多いのだと思います。
そこを民間の目線でお話でき流のは、双方にとってたいへん有意義だなと思いました。
また、私たちも行政の仕組みやお金の流れについて学ぶことができて、今後の施設運営に活かせそうな話題もたくさんありました!

この審議会は全部で21名なのですが、その中の11人は女性です。
加茂市の藤田市長は40代の女性の方なのですが、率先して女性活躍に取り組まれていてさすが!です。

この総合計画は、パブリックコメントを実施して9月の議会での議決を目指しています。
加茂市の方々だけでなく、ぜひたくさんの方に目を通していただけたら嬉しいです!

テレワーク

コロナ騒ぎになってから、もう1年ですね。
去年の今頃は、とっても楽しみにしていた東京出張が中止になって、ガッカリしていたことを思い出しました。

それは重点道の駅の選定式。
重点道の駅は国土交通省により選定されるので、大臣も出席されるとても大きな式典。
そこへ出席する上にブースを出して庭園の郷保内をご披露するチャンスだったんです😢

スタッフ達も、どの樹木を持っていこうか(日本橋なのに 笑)とか張り切っていたのになぁ。

そんなことを思い出しながら、今日はおやすみだったのですが午後からzoom会議2件でした。
すっかりテレワークが定着したのは良いのですが…
益々おやすみ取りにくくなりますよね😅 気をつけないと。

写真は去年のzoom朝礼の様子。懐かしいな!

来年度の予算編成をしています。

実は、4月から庭園の郷保内はちょっと変わります。
施設のオープンから5年経ち、年間25万人もの方に来場いただけるようになりました。

これまで、お客様のニーズやご要望をたくさん伺ってきました。
それをひとつずつ形にして行きたいなと考えています。

道の駅は、それぞれが地域貢献をするというミッションを持っています。
地域貢献の形はそれぞれですが、庭園の郷保内なら、江戸時代から続く植木産業&造園業の振興。
新しいマーケットを作って産業と文化を守るというのが一大ミッションです。
その目標を持って、地元の造園業者の皆様と協力して運営しています。

農業振興も、その目的のひとつ。
造園業と農業を兼業でされているところも多く、そして高齢化が進んでいるとう現実もあります。
道の駅の直売所に出荷し、販路を作ることで生活を守り支えることができると考えています。
もちろん、その他の加工品や新潟のお土産を販売することも地元の業者や生産者さんを豊かにすることに繋がっていきます。

これまでは、施設立ち上げで想いはあってもそこまで力が及ばなかった部分も。
来年度は、道の駅庭園の郷保内で行っている取り組みをもう少し深堀りしながら取り組んでいきたいと思っています。
そのための予算編成、脳みそを絞り出すとはまさにこのこと…💦
関わる全ての方の豊かさに直結できるように考えています。

そこで!
若干名ではありますが、4月以降のスタッフを募集します。正式募集は2月中旬以降になりますが、我こそは!という方はぜひエントリーお願いします。

写真は、先日少し朝早く出た日に見た光景。
雪国に住むのは大変だけど、この美しさには変えがたい!

English is FUN!

実は…
新潟経営大学が主催するサテライトキャンパス、大人の学び直し講座に秋から参加しておりました。

新潟経営大学で英語を教えていらっしゃる、川崎先生に週1回『おもてなしの為の英語』を教えていただきました。
燕三条地域は外国人旅行客も多くいらっしゃる地域です。
また、道の駅も全国的に今後インバウンド対応を目指していこうという気運があります。
私が使える英語やコミュニケーションを取ることはできても、ビジネスとして使える自信がない…ということで参加させていただくことにしました。

『おもてなしの為の英語』ということで

・英語でガイドする際のお決まりの言葉づかい
・日本語で説明する時と、英語で説明する時の違い
・質問の受け答え

などかなり実践的に体験することができました。

そしてメンバーは、鍛治道場の長谷川館長をはじめ、燕産業資料館のスタッフさん、燕三条地域でオープンファクトリーを行っている会社の営業さんや、老舗料亭の女将さんなどの顔ぶれでした。

一緒に学べる人がいるというのは、とても心強い!
先日のモニターツアーでも多いに役立たせていただきました。
今後はスタッフも対応できるように、道の駅の体制を整えて行きたいと思います。

So, thank you so much teacher and classmates, keep in touch and keep studying English from now on!