道の駅のもうひとつの役割

春分の日に開催された、十日町市での「防災セミナー」に参加して来ました。

道の駅の役割と言えば

  • 休憩機能
  • 情報発信機能
  • 地域連携機能

が3つの柱。

ここに「防災機能」という4本目の柱を作ろう!

という取り組みが十日町市の「道の駅クロステン十日町」から始まりました。

実はこの道の駅、中越地震の時に避難場所として活躍しました。

道の駅が災害拠点になった初めての事例。

「道の駅越後川口 あぐりの里」や「道の駅ちぢみの里おじや」と共に震災復興のキーステーションとなりました。

そんな震災体験をされている駅長様がたと一緒に登壇させていただきました。

その日は防災イベントもやっていて、自衛隊や警察の災害車両も。

セミナールームやステージも備えた広い道の駅。隣には温泉や図書館、美術館もあります。

現在、公には1145の道の駅がありますが、夏までには1500になると言われています。

その道の駅を社会インフラとして使えたら、地域にとっても旅行者にとっても、そして行政にとっても良いことだと思います。

備忘録的にすうか

 

錦鯉の世界

第50回 全国総合錦鯉品評会に来ています。

保内からは、おめかしした五葉松を8基納めさせていただきました。

鯉の泳ぐ庭園や茶室があったり…

もちろん、錦鯉がいっぱい…

まだ非公開ですが、第1位に選ばれた錦鯉は、過去最高額の2億円!

すごい世界だなぁ…

刺激的で前向きな出会いが今日もたくさんありました。

2/2日、3日は一般の方もご来場いただけますよ。

 

ふるさと祭り東京

先日の出張の時に、タイミング良く行われていた

「ふるさと祭り東京」。

各地の道の駅もいくつか出店されるという事で、少し空いた時間に行ってみました!

凄い行列で、40分並んでようやく入れた…

お祭りの真っ最中。

日本全国のお祭りがこの日だけで9ステージ!

みんな、朝からめっちゃ飲んで食べていた!

北海道ブース、本当に凄い。

「道の駅 知床らうす」

蟹だけでこのバリエーション!

「道の駅 もてぎ」も入ったスイーツブース。苺まつり!

やっぱりみんな美味しいものが大好きですね。

それぞれ本当に工夫を凝らして、オンリーワンを目指している!

全国で頑張っている人が本当に沢山いるんだなぁと感じました。

1/20まで、東京ドームで開催しています。

 

 

門松🎍in 京都

京都で気が付いたこと。

新潟に比べると、門松がとっても派手!

これが庭園の郷の今年の門松。

 

これは二条城

伏見稲荷の社務所

とあるカフェ

 

・土台が四角(新潟は丸が標準?)

・松の生け込みが派手!

・使うお花も違う

 

それぞれとっても大きな門松を飾られていて、車窓から見る多くの門松もみんな華やかでした。

日本各地の門松を見に行ってみたいな。

お正月気分もそろそろ終わりですね。庭園の郷の門松も先日お片づけしてもらいました、また来年。

「花詣」in京都

京都に来ました!
京都府立植物園で開催されている

〜花詣〜第8回ハンギングバスケット、寄せ植えコンテスト

が目的です。
このコンテストは毎年お正月のこの時期に行われている、「京都らしさ」をテーマにした園芸コンテスト。

庭園の郷スタッフの園芸装飾士のヤマギシがエントリーするというので一緒に(車で7時間!)やって来ました。

とっても良いお天気!

4部門に分かれたコンテストには、107作品がズラリ!

「京都らしさ」「お正月」がテーマとあって、他のコンテストとは違う雰囲気でとっても楽しめました!

ハンギングバスケットはお正月を代表するお花、葉牡丹のオンパレード!

葉牡丹も、こんなに種類があるのね…

こちらは入賞作品。ハンギングバスケットの技術だけでなく、デザイン力やコンセプト設計まで求められる難易度の高いコンテストです。

植物園共催とあって、化学的な加工をされたお花やラメ使いは審査対象外になるとの事。

お花の性質を活かす技術と知識が必要な深い嗜みなのです!

ちなみに山岸は特別賞をいただきました!

おめでとう!!

 

2月3日までのロング開催!

お近くの方、京都旅行に行かれる方は是非行ってみてくださいませ!

 

 

ミルク!ミルク!ミルク!

雪に変わりそうな冷たい雨の中…阿賀野市まで行ってまいりました。

目的地は神田酪農さま!

実は庭園の郷のカフェで(噂の)神田酪農さんのジェラートの取り扱いが始まっています♪

そこで改めましてのご挨拶と共に、今後のお取引や取り扱いの種類についてお話をしてきました。

 

いくつか試食もさせていただいたのですが(役得♡)、こちらのジェラート本当に美味しいのです!

まずはミルク味。もう、牛乳を食べている!?という感じです。

そしてストロベリーは苺を食べている!?という感じです。

私の持っていたジェラートのイメージが本当に変わりました…

それもそのはず。だってジェラート工房のすぐ隣に、牛さん達が…材料が新鮮すぎます。

取締役の神田さんも本当に素敵な方で、彼女が監修するジェラートのクオリティの高さに脱帽です。

こんな素晴らしいものの取り扱いができて、本当に嬉しい♡

阿賀野市か庭園の郷でしか食べれませんので是非一度食べてみてください!

ちなみに阿賀野市のお店では季節によっては見学や体験も。是非阿賀野市まで行ってみてくださいね。

他にも、阿賀野市には美味しいものがたくさん!これから神田さんとのご縁でお付き合いさせていただけそうです。他にも新潟の美味しいものを沢山ご紹介していきたいと思っていますのでお楽しみに♪

ちなみに試食に夢中で(笑)写真がほぼない…ごめんなさい。

 

…余談ですが、取締役の神田さんととても良いお友達になれそうな気がしていて、とても嬉しいです。なんだか同じ匂いを感じて(笑)また素敵なお友達ができて嬉しい。今後ともよろしくお願いいたします。

創業90年の老舗の姿。

東京八王子の、吉田観賞魚さんにお邪魔してきました。

http://yoshida-fish-farms.com/

錦鯉の飼育と販売、造園業で90年!という老舗なのですが、その老舗の今がこちら。

アンティーク調で重厚感のある入り口を入ると、沢山の樹木や花苗が。

…好き。この感じ大好き。

 

さりげなく飾られたクリスマスツリーもちゃんと本物のモミの木です。やっぱりモミの木には大ぶりの飾りが合います♪

一角にはマルシェがあって、新鮮なお野菜やこだわりの食品が並んでいました。

このモールの左側がマルシェで、右側はレストラン。レストランの入り口はブログトップの写真です。

こんな感じでアンティーク風のガーデン雑貨も沢山ありました。

 

さて、肝心の錦鯉は!?

ちゃーんと居ました!

しかも池を見下ろしながら池の上ではマダム達が寄せ植えのワークショップ中!

新しい…

この新旧入り混じる感じや、華麗な現代ニーズへの転換は保内も大いに学ぶところがあるなぁと思いました!

2月にはこちらのご縁で「全日本錦鯉品評会」に参加させていただくことになっています。世界中から錦鯉を求めていらっしゃる方々に庭園の町、保内地域のPRをさせていただく事になっています。

吉田社長の行動力とアイディア、地域愛にはいつも大きな学びをいただきます。

文化を守り続けるには努力と熱意が必要ですね。

 

…それにしても、東京は移動中にブログのアップができてとても良い!