苔好きのみなさまへ。

保内地域でもう10年も行われている『オープンガーデン』。
国際大学の生徒さんと一緒に体験してきました。(その様子はまた後日)

オープンガーデンには何度も行っていますが、この暑い時期に行くのは初めて…
ちなみに『オープンガーデン』は、保内地域の職人さんたちが自らの家の前の庭を開放している取り組みです。
プロが作る、自分のための庭…気になりません?

それぞれの個性や好み、方向性が現れている上に絶対に人に売れないお宝が拝見できるのも楽しみのひとつ。

例えば、樹齢200年越えの梅の木とか、保内地域で一番大きく(7、8mはあるんじゃないかな…)、古い五葉松とか。
そして個人的にとても好きなのがこの苔の庭。

お手入れがきちんとしているからこそ、保たれるこのふかふかの苔…
苔好きさんにはおすすめのお庭です。

保内オープンガーデンで探してみてください。
これから秋に向けては気候も穏やかで紅葉も始まり、一番良いシーズンです!

虹。

今日、明日は今年度のビアガーデン、最後の2daysです。
それなのに…ここ数日雨が降りやまず。
スタッフみんな、毎日天気予報とにらめっこしていました。

今日は夕方には虹が!

わかるかな?
明日もようやく晴れマーク!
夏の終わりの加茂の花火大会もあるので、明日は雨が降りませんように。

※ 今回の集中豪雨で被害に遭われた方に心からお悔やみ申し上げます。佐賀県武雄市は三条市ともお付き合いがある街です。1日も早い復興をお祈り申し上げます。

世界柔道を応援しよう!

コソボ共和国の柔道選手団が、5日間の三条市での合宿を終えて東京へ向かいました。

このふたりは姉弟で、柔道W杯のメダリスト。
お姉さんのノラは、8頭身の美少女で、身体も細くてとっても柔道選手には見えない…
弟のアキルはイケメン過ぎてお見送りにきた女の子のテンションが上がりまくって面白かったです。
昨晩とお見送りと、通訳として同行してきました。

昨晩はヤマダ電気で買い物やマッサージ(笑)を楽しんで、コメダ珈琲でかき氷を食べていました。
柔道選手は階級があるので、ノラは減量中なのかアキルのかき氷をつまんでコーチに止められていたけど。

明日から世界柔道が始まります。
テレビ中継もあるようなので、コソボ選手を皆さんも応援してくださいね!

 

オリンピック選手がやってきた!

東京オリンピックを控え、オリンピックムードが高まってきましたね。
私のまわりでは、チケットが当選した人はひとりもいませんが…

三条市は東欧の小さな国、コソボ共和国のホストタウンとなっています。
僭越ながら私もホストタウン事業実行委員会のメンバーとして、先日大使館もお邪魔させていただきました。

ホストタウンとしてのメイン事業はもちろん来年なのですが、週末の世界柔道選手権に合わせてコソボ共和国の選手達が来日、
三条市内で調整を行っています。

関係記事はこちら↓

柔道でのオリンピックメダル候補が5人も来てくれました!

・リオ五輪金メダリスト、女子52kg級の優勝候補 世界ランキング7位マイリンダ・ケルメンディ(Majlinda Kelmendi)選手

・女子78kg級で世界ランキング1位のロリアーナ・クカ(Loriana Kuka)選手(22)

・女子57kg級で3位のノラ・ジャコバ(Nora Gjakova)選手(26)

・女子48kg級で5位のディストリア・クラスニキ(Distria Krasniqi)選手(23)

・男子73kg級で7位のアキル・ジャコバ(Akil Gyakova)選手(23)

今回は市民の皆様と触れ合う機会を作るのは難しかったのですが
(オリンピック出場選考を兼ねた大会前なので当然です…)
来年は何かしらの形で交流の機会があると思いますので、お楽しみに!

すっごい綺麗な人たちばっかりだった!

ワークショップが爆発中!

昨年から始めた常設ワークショップ。
寄せ植えや苔玉、ミニ盆栽など緑と触れることができるワークショップを企画しています。

三条市の農林課の広報誌にも取り上げていただきました。

そのおかげもあって、お盆から小学生を中心にワークショップが爆発中!
夏休みの課題にするのかな…

中でも人気は『苔テラリウム』

小さいガラスの中に苔を敷いて、好きな動物や人形を置いて自分だけの世界を作っていきます。

 

ピンセットを使って…集中!

 

細かい作業です。

 

苔は生き物なので、霧吹きで定期的にお水やりをしてくださいね。
人気すぎて動物と人たちの在庫が少なくなっていました。

 

あなたも苔と自分の世界に浸ってみませんか!?

熱中症には気をつけましょう!

台風で被害に合われた皆様に心からお見舞い申し上げます。
亡くなられた方もいらっしゃるそうなので、二次災害も含めて気をつけましょうね。

台風の影響もあってか、連日新潟県は観測史上初とも言われる気温を更新しています。
今日も三条市は40度…
(県央ドットコムで詳細解説されてました!→http://www.kenoh.com/2019/08/15_weather.html

そんな私も今日は少し熱中症なのかな?という症状が。
意識して水分は取っているのですが、足りていないのかも…
何事も過信は禁物。
少しおかしいかな?と思ったら、涼しいところでお休みしましょうね。

 

 

野菜も安い…

昨日からはお盆の準備に大忙しの主婦の皆様に混じって、帰省中(らしき)ご家族連れも多く見受けられます。
おかげさまでカフェとカブトムシコーナーが大混雑!

みなさん(もはや地元の方も)目を疑うほどの野菜の安さ!

ししとう。この袋いっぱいで108円

 

常備野菜の定番、玉ねぎもこれで200円とか…

 

ナスも一袋108円とか、120円とか、200円とか…ありえない(笑)
小規模農家での生産者さんがほとんどなのでコンスタントな提供は難しいけど、その分顔が見えてやり取りできる安心感には変えられませんよね。

運よく生産者さんがいると、ほぼ100%おまけしてくれます!
トマトが少し痛んでいるのを、「もう捨てるだけだからあげるよ」
とか、
桃を一箱遠方まで送りたい、というお客様に「じゃあ、これは今食べる分!」と3つもサービスしたり…

(いや、どちらかというと駅長泣かせではあるんだけどね!)

試食もじゃんじゃん出してくれるし、とにかく太っ腹。
ハウス栽培じゃないお野菜は、本当の旬が味わえるのも魅力です。旬を逃さずに収穫するので、トマトはトマトの味、キュウリはキュウリの本当の味がしますよ。

来年のお盆は、もっと野菜を見やすく、お求め安くできるように売り場を考えたいと思っています。

スイカが安い…

昨日、今日と本当にたくさんの方々にお花をお買い求めいただきました。
ありがとうございました!!

お花と一緒に桃やぶどう、お盆菓子などの贈答品、それから野菜を買って行かれる方がたくさん…
新潟のお盆に欠かせない枝豆、ナス、きゅうり。そしてスイカ!!

 

スイカまつり。
(写真ないけど)昨日は超特大のスイカがあって、それが1,000円で…
夕方東京からのお客様が
「どうしてこんなに安いんですか?」
「何がダメなんですか??」
と聞いて来られたのですが…

いえ、ダメではないんです…
生産者さんが「もう少し高くしない?」と言っても値段をあげないんです…
「いっぺあるっけ(いっぱいあるから)」という理由で(笑)
なので、味は大丈夫だと思います。
ですがプロのスイカ農家さんではないので、こればっかりは開けてみないと…

というやりとりの後、
「東京でこの値段はありえない」
「話のタネに…」
と言って買って行かれました。

売れ残ったもうひとつを切ってみると

ばっちり! 良かった〜
配送承りますので、ご希望の方はお電話ください。
それにしても安いんだよね。本音はもう少し高くしたい(笑)

嬉しいできごと。

毎年、特にこの時期になるとバイクや自転車であちこちと巡っている方が多くいらっしゃいます。
(私たちは旅人とよんでいます。)
そんな旅人同志で仲良くなったり、保内のみんなは面倒見が良いのでおにぎりやら漬物やらを振舞ったり…(笑)

先日、昨年、一昨年と旅人としてやってきた大阪出身の若者から連絡がありました。
「道の駅について聞きたい」
というので
「ん?どうした???」
と思ったら…

なんと、徳島県の道の駅で地域おこし協力隊として働いているとか!
「えー、なんで保内に来てくれなかったの!」
「三条は募集がなかったんですよ…」

そっかぁ…でも、道の駅をあちこち回って体験している彼ならきっと良いスタッフになれると思います。
頑張って欲しいなぁ!

質問の内容は、委託商品の取り扱いについてどうしていますか?ということでした。
私も最初は色々わからなくて、道の駅関係者にたくさん質問しました。
なかなか聞ける人もいないし、行政サイドも経験がない方が多いので本当に大変だと思います。助け合っていきましょう!

写真は昨日の夕焼け。
越後平野は本当に広くて、外国みたい!って思います。大好き。