東京オリンピック ホストタウン。

東京オリンピックが始まりました。

賛否両論あることは承知していますが、
なんだかんだで
オリンピアンの勇姿を見るのは
勇気をもらいますし
観たい気持ちになります。

(昨日のサッカー日本代表も、終始ワクワクドキドキしました⚽️)

さて、ご存知の方も多いと思いますが
三条市はコソボ共和国の
ホストタウンとなっております。

2年前に一度、ブログにご紹介していました。
関連記事はこちら 👇


https://honai-gardens.com/blog/archives/1010/

私もホストタウン実行委員として
コソボ共和国からのオリンピアンをお迎えする予定でしたが
コロナ禍ということもあり
最低限のスタッフで対応することになりました。

でも実は…
三条市 政策推進課の方々と相談して
選手が宿泊する施設に少しでもおもてなしの気持ちを届けたい!
ということで
和風の装飾の設えをさせていただくことに。

庭園の郷保内の緑花木リーダー
山岸君が装飾を担当しました!

選手たちは
羽田空港から専用バスで三条入り、
そのまま宿舎と練習場である三条市体育館との行き来のみ。

羽田空港→合宿所→体育館→合宿所・・・

合宿所の周りをお散歩する以外は(それも敷地内のみ)
カンヅメ状態なんです。
いくら大切な大会の前とはいえ
息が詰まるのではないかっ!

ということで、
少しでもリラックスできるようにと
談話室にグリーンを入れさせていただきました。

オリンピックエンブレムのモチーフとなった
「市松模様」を苔で再現。
ギボウシや紫陽花が日本の夏らしい!

ギボウシは日本産まれ。
シーボルトがヨーロッパに持ち帰って
各国で品種が増えた植物と言われています。

ヨーロッパの紫陽花は、日本の紫陽花に比べると
色がもっと鮮やかで明るいんですよ。
日本のようなくすんだ色合いやクリーム色はヨーロッパでは珍しい。

緑花木チームがコンセプトからデザインまで考えてくれました!
さすがっ👏

選手が眠るそれぞれの部屋には、
苔玉を。

日本選手と同じくらい、
コソボ共和国の選手団も応援したいと思います!

皆様もコソボ共和国の選手にぜひ、
ご注目ください🇽🇰

 

蓮の葉の話。

この地域に多い宗派では
お盆に蓮の花をお供えに使います。

蓮の葉とは、これです ↓

お墓や仏壇に30〜40㎝ほどの蓮の葉を敷いて
そこにナスやキュウリを細切れにしたものをお供えします。

蓮の葉をお皿のように使うんですね。

昔は、お盆に合わせて蓮の葉も市日などで
手に入ったそうなのですが
今はなかなか手に入れることができず
里芋の葉で代用するという方も…😅

今年はご縁があり
大口蓮根で有名な中之島(新潟県長岡市)の農家さんに
ご相談することができました!

畑を見せていただきましたが、
大きな畑に蓮の花もチラホラ。
青空に映えて、すっごく美しかった!

ちなみにお盆のお花用に育てられるのはピンクの蓮の葉。
蓮根畑に咲くのは白い蓮の葉です。

ピンクの蓮の葉は、お盆に合わせて
庭園の郷保内の店頭にも登場します!

念願叶って、蓮の葉をお盆にご用意することができます✨
本当にありがたい😭

ここで伺った蓮根農家の夢のあるお話…
いつかブログでご紹介したいと思います。

ちなみに、画像の高橋さま。
数々の全国ネットの番組でもご紹介されている
有名農家さんです。

楽しいお話、ありがとうございました!

新潟経営大学×保内(つづき)

さて、先日のワークショップについて。

1限 近藤教授の地域観光についての講義
2限 地域の価値を洗い出すワークショップ(⇦ここから参加)
3限 観光地経営という視点からの観光商品づくり
4限 発表

という内容でした。
世代も肩書きも関係なくチームを作り
皆さん真剣!
(実際、加茂市の副市長や市議会議員、
写真の専門家など様々な方が参加していました。)

観光関連の業者さんも来られていて
現実的な観光商品、ツアー計画をされていました。
(もちろん、ちゃっかり道の駅 庭園の郷保内も
ルートに入れていただきます💪)

地域観光のポイントは
・経営に持続可能性がある
・地域に物理的、精神的な利益をもたらす
ことが大きなポイント。

コロナを経験して
『ただ待っているだけ』
の観光は持続可能性が低いことが判明してしまった今、
日々地域の方が潤いつつ
外から来る人を受け入れる
という人の流れを作ることが重要だなと感じました。

地域観光のポイントは、
そのまま道の駅運営にも当てはまります。
たくさんのヒントをいただきました。
お招きいただき、ありがとうございました✨

そしてお隣、加茂市の発展は
ダイレクトに庭園の郷保内の活性化に繋がっていくと思いますので、
引き続き新潟経営大学さんとの
ご縁を大切にしていきたいと思います!

北五百川の棚田

GW明けの今日は、とっても良いお天気!
(GW中にこのお天気欲しかった😢)

「道の駅」漢学の里しただに用事があり訪問したら
駅長が棚田に連れて行ってくれました。
恥ずかしながら…
棚田100選にも選ばれている三条市が誇る絶景に
初めて行ってきました!

写真で伝わるかな…
お天気も相まって、本当に美しい風景でした✨✨✨
癒された〜

ここを開拓して、
水を引いて
毎年管理していく。
この場所に住むというのは容易なことではないと思いますが
この絶景には敵わないなぁと思いました。

道の駅漢学の里しただとの
インスタグラム対決はいつも負けてしまうのですが(笑)
これには敵わないよ…

駐車場も東屋も整備されていて、
ちょっとしたお散歩には最適!

今日も何組か訪問されていましたよ。
田植えが終わるとまた緑が増えて、違う景色になるんだろうなぁ。
その頃また行ってみたいと思います。

GWのおすすめ商品③

おすすめしたい商品は山ほどあるのですが…
GWの中日、お家で新潟ならではのおやつはいかが。

この山盛りの商品群は
新潟ならではのお菓子の一群!

誰もが佐渡への修学旅行で買ってくる
アノ!飴ちゃんとか…
ビールにピッタリの柿の種とか…
辛いもの好きさんにオススメの大辛柿の種とか。

サラダホープコーナーや
昔からこの地域で愛されているお茶うけ菓子が勢揃い!

これを目当てに庭園の郷保内に来られる常連さんも
たくさんいらっしゃいますよ。

GW、新潟お菓子の食べ比べなどいかがでしょう♪

今年のGWは・・・

昨年の今頃は、新型コロナウイルス感染症の影響で
GWに休館するかどうか?
という決定に迫られている道の駅が多かったことを思い出します。

未知の感染症も、昨年よりは理解が進んでいることもあって
今年は休館する道の駅は少ないようです。

ですが、関西や関東圏では
緊急事態宣言も視野に入れた議論になっていることもあり、
今年もステイホームなGWになりそうですね。

新潟県でも県外との往来を控えるようにとの
発表がありました。
遠くへは行けませんが、お家で家族の時間を楽しみましょう!

という私は、GW中はお仕事😅
庭園の郷保内は休まず営業、
三密を避けて感染症に配慮しながら運営を行います。

GWはガーデニングシーズン。
屋外売り場は安心してご利用いただけます。

保内小学校のみんな、ありがとう!!

全国の道の駅が抱える悩み事のひとつ。
それは『不法投棄』です。

庭園の郷保内の駐車場でも、
心ない不法投棄が度々見受けられるようになりました。

そこで!
「子供からのお願いなら無視できないはず」
と施設担当が保内小学校にポスター作成をお願いしたところ…

たくさんの生徒さんが
オリジナルポスターを書いていただきました😂
保内小学校のみんな、ご協力いただいた先生!
本当にありがとうございました。

いただいたポスターは大切に保管して、
コピーをフェンスに貼らせていただきました。

子供たちに免じて…不法投棄はやめてくださいね!

千葉の道の駅から来る、ロングセラー

道の駅庭園の郷保内で、3年以上ロングセラーを続けている隠れたヒット商品。
千葉の道の駅から送ってもらっている、チーバ君のピーナッツバター!

本当に、本当に本当に美味しくてリピートされる方やまとめて買っていかれる方、お友達のお土産にされる方…
など大人気なんです。

無糖があるのもポイント高いですよね…
葉物野菜のピーナッツ和えや、お味噌汁に入れるというお客様もいらっしゃいました。
朝の食パンがご馳走になる!!
というお声も。
とにかく美味しくておすすめです!

大好きな春の景色。

こちらは県道1号新潟小須戸三条線より粟ケ岳方面を眺めた景色。
この間に広がる越後平野の春の景色がとても好きです。

見方によっては、外国のように…見えなくもない!?

少し曇り空でしたが、気温も上がってピンクの花が美しい。
こちらは緑が芽吹いてきて、山の上には雪が残っている、この時期のこの景色がとても好きです。

”すじまき”をしました。

超個人的な投稿ですが…

私の実家は代々農家でこの時期、すじまきは親族が集まって一族の行事になっております。
今年は、稲作を1から学びたい!という私の友人も加わってわいわいと。

ところで”すじまき”とは、お米種(モミ)を撒いて芽ぶかせ、田植えに備えるための作業です。
ここから1ヶ月ほど経つと、10㎝ほどになり田植えをすることができます。

農業って以外とシステマチック。
お昼は外でピクニックのようにお弁当をいただきました。
美味しいお米に育ってください!