新しい生活様式?

メディアでも語られている『新しい生活様式』。

正直…こんなこと続けられるんかいな。
と思っていらっしゃる方も多いでしょう。

「道の駅」みのりの郷東金 さんより拝借。

 

新潟県及び三条市においては、「県内における日常生活や観光地への旅行は再開してください。」

と踏み込んだ発表になっています。
ポイントは、『県内のみの移動』『新しい生活様式を実践した上で』というところでしょうか。

庭園の郷でも、週末よりカフェのグランドメニューを再開しました。
滞在時間を少し伸ばしても良いよ、というメッセージです。
気候も良いので、テラス席を常備して…

三条市においては、同僚や親しい友人同士であれば、家族と同様のレベルで日常生活を共にし行動範囲もある程度相互に理解しあっているという考え方のです。
ですから三密を意識しつつもゆるやかに生活を楽しむ時間を増やしていきましょう!

庭園の郷も常備していますが、飲食店などを利用する際は手指の消毒をするのは徹底しましょうね、私も気をつけます。

庭園の郷でも、グループでの来店も以前のように増えて参りました。
マスク着用を心がけて、家に帰ったらうがい手洗い。
まずは徹底的な衛生管理をしながら、道の駅でのお買い物も楽しんでいただきたいと思います。

 

 

【最新】緊急事態宣言解除においての三条市の対応について

5月14日に、新潟県も一ヶ月に渡る緊急事態宣言が解除となりました。
それを受けて、三条市の対応が発表されました。
概要は次の通りです。

  1. 引き続き県外との往来は原則禁止
  2. 「新しい生活様式」を実践しながら、日々の生活や社会経済活動を再開する

大きくはこの2つ。

いよいよ、少しは緊張から解き放されても良い段階に来たのかもしれません。
来週あたりから、私も夜の会食のお誘いが増えて参りました…😅

特別給付の10万円は、向こう3ヶ月の外食代とさせていただきたいと思っています!
しかしながら、気を緩めすぎずに日々を大切に過ごしたいと思います。

「県外お断り」の意図について。

かなり強めの表現で「県外お断り」の看板を出しています。
今日、その件で責任者と話したいとお電話をいただきました。

お電話口は、県外より移住されて三条市近郊にお住まいの方でした。
車も県外ナンバーとのことで、寄ろうと思ったけど引き返したという事でした。
「なぜ、あのような看板を出しているのか?気分が悪い。」
ということでお電話をいただきました。

もう、これに関しては本当に心苦しい気持ちしかありません…
「あくまでも、観光などの目的で他県から一時的にいらっしゃる方を牽制するためのものです。」
と申し上げました。

電話口のお客様は、きっと報道や新聞で示されている国や市町村の要請を守っていらっしゃるのでしょう、
「ルールを守らない方がいるんですね…」
と逆に驚かれ、こちらの話しを真摯に聞きわかってくださいました。

実際は、このような方がほとんどだと思うんです!
ですが、一部に「自分は大丈夫」と思っている方がいらっしゃる事も事実。
新潟県の感染源がほぼ東京であることを鑑みると、県としてはこのような対策をするのは致し方ありません。

庭園の郷保内は三条市の方針で営業を続けておりますが、直売所機能があり、ライフラインとなる販売を行っているというのがその理由です。

道の駅は観光施設というイメージが強いかと思いますが、現在はスーパーマーケットやホームセンターという位置づけで営業しています。
そのため、道の駅を回遊するスタンプラリーも中止していますのでご了承ください。

大変心苦しいのですが、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
(毎日お願いばっかりだな…)

5月に入りました!

あっという間に今年も1/3が終わってしまったという現実…
ほとんど新型コロナウイルスに振り回された感満々ですが。

さて、庭園の郷保内はGW期間中も営業しています。
ただし、国、県、三条市の要請に従って県外との不要不急の往来でのご利用はお断りさせていただいています。

このように、かなり強めの看板も三条市より設置されたところです。

また、マスク着用と手指の消毒をされてからご入館されますようにお願いいたします。

出口の見えない日々が続きますが…
今は、とにかく我慢するしかないのかもしれませんね。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

ネットショップをオープンしました!

みなさんが温泉旅行に行った時、ドライブでサービスエリアに寄った時、そして、道の駅に寄った時…
よく見る「箱菓子」と言われる、その土地ごとのお土産、パッと頭に浮かびませんか?

そんなお菓子たちが、今危機的状況にあります!

あちこちの観光施設がどんどん休館していく中で、行き場を無くしたお菓子たちを庭園の郷保内で格安で販売しています。

なかなかお味見する事ができないお菓子も多く、是非ともおすすめしたいのですが…
このご時世「買いに来てね!」という訳にも行かず。
…という訳で、急遽ネットショップをオープンしました!(勢いで。)

↑ 画像クリックでHPに飛びますので、ぜひごらんください!

 

全国的に問題となっている #フードロス 削減の一旦を担えれば嬉しいです。
ぜひ、ご利用くださいませ!
毎日更新します!!(なんせ、問屋さんから毎日納品があるので…)

道の駅コラボやってます。

本日より、千葉県南房総の「道の駅」和田浦WA-O!さんにて道の駅コラボまつりやってます!

こんな感じ。
たくさんのお客様いらっしゃってるみたいで、追加発注のご連絡いただきました!

こちらは全国「道の駅」女性駅長会の会から生まれたコラボ。
1月末に会合して、3月に形になるなんて本当に女子のフットワークの軽さっちゃすごい。

お近くの方、ドライブ先をお探しの方…
ぜひ行ってみてくださいませ。

ちなみに、トップ写真は和田浦の女社長!
もう、本当にカッコよくて憧れです。

新型コロナウィルス対策は、落ち着いて。

日本中をまさにパニックに陥れている新型コロナウィルス。
ついに昨日、新潟県にもひとりめの感染者が。
東京から介護のために帰省されていた方のようです。
お父様、お母様は大丈夫でしょうか、とにかく回復に向かわれることを祈るばかりです。

私ごとですが、東京に大学生の長男がおります。
春休みだから東京にいるより新潟にいた方が感染リスクが低いから帰って来いと言おうと思っていましたが…

パンデミックで神出鬼没なこのウィルスは、誰が既に持っていてもおかしくないのかもしれませんね。

 

人命優先はもちろんですが、そろそろ三条市には経済的な打撃もやってきそうです。中国からの部品が届かない為、生産ラインが止まる。売り先、卸先が回転していないため作っても売れない…
もちろん、観光業界はキャンセルが相次いでバブル崩壊や東日本大震災にも及ぶほどの状況になるとかならないとか。

いずれにしても、コロナショックが世界に与える影響は想像以上でした。

まずは、間違った情報に流されずに落ち着いて社会状況を見守って、行動を決めることでしょうか。
もちろん、道の駅でも正しい情報発信に努めて参ります。

道の駅としても十分な対応はいたしますが、とにかくそれぞれが自分と家族の体調管理を徹底することが基本です。
うがい、手洗い、栄養を取って睡眠を十分に取る。
元気な体でこの難局を乗り切りたいものです。

 

 

新型コロナウィルス感染症の対応について

連日コロナウィルスの感染拡大の話題で持ちきりですが、庭園の郷保内でも三条市の基本方針に合わせて対応を検討させていただきました。

お知らせでも同じ内容を載せておりますが、こちらでもお知らせさせていただきます。

 

 

新型コロナウィルス感染症に関する三条市の基本方針を受けて、「道の駅」庭園の郷 保内では以下のような対応をさせていただきます。ご理解ご協力をお願いいたします。

 

①大規模なイベントは原則延期、または中止とさせていただきます。

2月29日〜3月15日の間、大規模なイベントは原則延期、または中止とさせていただきます。
現在予定しているイベントは小規模なため開催する予定ですが、今後の社会状況を見ながら急遽中止とさせていただく場合もございますので、ご理解をよろしくお願いいたします。

 

②イベントを開催する際には可能な限りの感染予防策を行います。

施設入り口に除菌・抗菌スプレーを設置いたしますのでご利用ください。
また、毎日人の手が多く触れる場所は除菌を行います。
出店者の皆様にも感染予防対策のご協力をお願いいたします。

 

③スタッフや出入り業者は原則マスク着用とします。

お客様におかれましても、可能な限りご協力いただけますと助かります。
子供用のマスクは施設にも予備がございますので、ご入用の方はスタッフにお申し付けください。

 

④定期的に空気の入れ替えを行います。

気温が低い場合などはご不便をおかけいたしますが、ご理解をお願いいたします。

 

⑤スタッフについて

小中学校、高校の休校に伴い、勤務できるスタッフ数が減ってしまいます。
サービスが行き届かない場合があり得ますが、ご理解をお願いいたします。

 

⑥お客様へのおねがい

手洗いうがい、マスク着用などでの咳エチケットのご協力をお願いいたします。
また、間違った情報によりトイレットペーパーの入手が難しくなっている状況です。
トイレットペーパーの節約にご協力いただけますと助かります。

 

現段階では、通常通りの営業の予定ですが社会状況を鑑みて流動的に決定が変わる場合がございます。
ご理解、ご協力をお願いいたします。

 

 

子供と楽しむ道の駅を目指して。

道の駅 庭園の郷保内は、もっと子育て世代が楽しめる道の駅に少しずつ改革しています。

例えば液体ミルクの販売をしたり、小分けオムツが変えるようにしたり。
こういった小さい改革はもちろんですが、今年は授乳室を設置して屋内でも子供と親子、はたまた3世代で楽しんでもらえるハード整備もしていく予定です。

休憩スペース、カフェメニュー。そして屋外のキッズガーデンも今年は大幅に整備したいと思っています。
土や植物に触れられるワークショップもしたいし、子供が走り回って安全に外で遊べる場所にしたい…
と気持ちだけ先走っております。

とはいえ、私やスタッフだけではそのアイディアは限られる。
特に私など、すでに子供が大学生…すっかり私自身の子育ては古いということを実感中!

そこで、三条市と新潟国道事務所と協力して、子育て世代が楽しめる道の駅を検討する委員会を設置します。
現役で子育て中!のパパ・ママ、おじいちゃん・おばあちゃんの意見を広く集められるようなチームを作ってその中でアイディアを集めながら形にしていきたいと思っています。

近いうちに公募させていただきますが、現役子育て中のみなさん、ぜひお力を貸していただけたら嬉しいです。

写真は、全然関係ないけど小田急線登戸駅!この駅、ドラえもん仕様でエレベーターもどこでもドアなんですよ!

新潟経営大学 観光経営学部の発表を聞きに来てね。

本年も一年間、新潟経営大学の近藤教授の元で学生が保内地域の研究を行ってくださいました。

新潟経営大学は県内でも珍しい観光経営学部を有しており、近藤教授は◯◯ツーリストで何十年も現場で観光を実践され、研究されていらっしゃいます。
そんな近藤教授の元で

「保内地域を中心にした着地型観光」
「エコツリーリズム」

の可能性について、保内地域の方々のお声を聞いたり実際に地域を歩き回ったりしながら調査してきました。

簡単に言えば、
「外国人も含めた外からのお客様が保内に来た時、何が楽しい?何に感動する?」
「保内だけの宝物ってなに??」
ということを地元の人の話を聞きながら調査しました。

その結果は最終的には”12ヶ月のカレンダーに集約されます。

実は今年で、この取り組みも3年目。

2017年→道の駅でのアンケート調査
2018年→道の駅でのアンケート調査その2
2019年→保内地域全域で聞き取り調査

と少しずつ、少しずつバージョンアップ。
「道の駅」をゲートウェイとした観光のあり方について今年もとっても丁寧な研究をしていただいています。

今年は、学生が考えたツアーアイディアの紹介もあります。(これが、本当に想像の斜め上をいっていて面白い!!)

これまでの研究成果の発表会を行いますので、ぜひたくさんの皆様にお越しいただきたいと思います。
(もちろん、メデイアも大歓迎!)

 

期日 2月14日(金)  15時半~(30分程度)

場所 道の駅 庭園の郷 保内  カフェスペース


当日は場所もオープンになっておりますので、お買い物のついでに見て行ってくださいね。

お待ちしています。
(写真は昨年の発表会の様子です。)

 

 

 

__________________________________________________________

🌳 お問合せ、ワークショップのお申込みはお電話で!
☎︎ 0256387276

🌸 道の駅 庭園の郷保内のお得な情報をLINEでゲット!
友だち追加

_____________________________________________________________