ドラえもん×伝統技術

キャラクターと伝統技術を掛け合わせた商品や
地域ごとのキャラクター商品、
今はあちこちで取り組みが進んでいますよね。

大湊文吉商店とドラえもんの
コラボ商品が届きました!

持ち手の繊細な細工は
大湊文吉商店の伝統技術を。
そこに日本画風に描かれたドラえもん。

かわいい…
絵柄は全部で4種類。
今しか購入できませんので、
お早めに!

合わせて手ぬぐいもありますよ。
かわいい…

キャラクターは
日本の誇る文化のひとつ。
伝統産業の継承、応援したいと思います。

 

蓮の葉の話、続き。

長岡市の中之島地域は、
蓮根の生産が盛んです。

今年のお盆用に蓮の葉をお願いした話は
先日ブログでご紹介しました。
👇 その話はこちらから。
https://honai-gardens.com/blog/archives/2641/

今回は、
蓮根農家が夢いっぱい、な話をしたいと思います。

ご縁がありお付き合いさせていただくことになった
高橋さんは、
全国ネットの様々な地方料理番組からのオファーが絶えない
有名 蓮根農家さんです。

宮川大輔さんのあの番組とか☆
杉浦太陽さんのあの番組とかも🌞

そしてこの蓮根産業に、
長岡市と新潟県の取り組みで
若い生産者さんが増えているとか!

それも、長岡市在住の若者が
新規農業従事者として参画いるとか!

日々、地域の産業と向き合っている者にとっては
とても羨ましい話です。

高橋さんによると
・6、7月以外はずっと収穫できる
・植物のお手入れなどが、他に比べると簡単
・収穫の調整が可能
・季節によって販売金額が変わらない

と、商売ベースで考えるととても効率の良い商品と言えるようです。

野菜やお米、果樹などは
採れる時期が限られ、
年間でみても収益化できる時期が限られます。

蓮根は年間通して10ヶ月収益化できる。
その上、例えば台風などで収穫をお休みしたとしても
その後の収穫の際に
品質は変わらないのだとか。

野菜やお米、果樹では
そうはいかないですよね…

おまけに蓮根て
結構長持ちしますよね。
野菜の中では、足が長い種類のひとつ。

ですから、販売期間が長いというのも
収益化しやすいポイント。

高橋さんは、
30年ほど前にお米から全て蓮根栽培に
切り替えられたそうです。

この景色も、他には変えられない。
「毎日が極楽浄土」
だそうです!

蓮根生産…
これまで暗い話が多かった
農業の中で夢のあるお話だなと思いました。

北陸「道の駅」スタンプ・クーポンラリーと推しエキランキング

道の駅を巡るスタンプラリーがあるのをご存知でしょうか?

👇 これです。

道の駅には
それぞれスタンプが設置されています。
北陸地域(新潟、富山、石川)の
80の道の駅を回ってスタンプを集めよう!
という企画。

各道の駅にある写真のブックを購入すれば
どなたでも参加できます。
ブックは一冊300円。

参加方法、詳細はこちら 👇
https://www.hokuriku-michinoeki.jp/contents/stamprally/

そのスタンプラリーをされた方が対象のアンケートがあります。

このアンケート…
道の駅運営者にとっては、
ドキドキのアンケートなんです🙄

なぜなら…
道の駅好きさん達の忖度ない人気投票だから!

北陸「道の駅」かわら版で
2018〜2020年のランキングが発表されました。
なんと…
北陸の80近くある駅の中で
9位にランクインしていました😭😭😭

新潟県だけでみたら、4位です✨
パティオにいがたや
あらい といった常にランキング上位の道の駅に続いて9位とは!

毎日私たちに元気をくださる
たくさんのお客様のおかげです!
(もちろん、ワンちゃんたちも🐶)

そして
毎日せっせと大切な作物を届けてくださる生産者の皆さん、
保内地域の組合方々の努力
地域の方々のご協力の賜物です。

道の駅は私達だけの力ではできることは限られます。
庭園の郷保内は
特に大きな道の駅でもなければ、
決して立地も良くありませんし
知名度もまだまだです。

これからも沢山の方のご協力をいただきながら
ブレずに保内地域の産業発展に務めていきたいと思います。

最後に
スタッフのみんな、おめでとう✨
何よりも皆さんの努力の積み重ねです。
これからも頑張りましょう!

蓮の葉の話。

この地域に多い宗派では
お盆に蓮の花をお供えに使います。

蓮の葉とは、これです ↓

お墓や仏壇に30〜40㎝ほどの蓮の葉を敷いて
そこにナスやキュウリを細切れにしたものをお供えします。

蓮の葉をお皿のように使うんですね。

昔は、お盆に合わせて蓮の葉も市日などで
手に入ったそうなのですが
今はなかなか手に入れることができず
里芋の葉で代用するという方も…😅

今年はご縁があり
大口蓮根で有名な中之島(新潟県長岡市)の農家さんに
ご相談することができました!

畑を見せていただきましたが、
大きな畑に蓮の花もチラホラ。
青空に映えて、すっごく美しかった!

ちなみにお盆のお花用に育てられるのはピンクの蓮の葉。
蓮根畑に咲くのは白い蓮の葉です。

ピンクの蓮の葉は、お盆に合わせて
庭園の郷保内の店頭にも登場します!

念願叶って、蓮の葉をお盆にご用意することができます✨
本当にありがたい😭

ここで伺った蓮根農家の夢のあるお話…
いつかブログでご紹介したいと思います。

ちなみに、画像の高橋さま。
数々の全国ネットの番組でもご紹介されている
有名農家さんです。

楽しいお話、ありがとうございました!

弥彦村の枝豆のこと。

新潟県弥彦村といえば
越後一宮、弥彦神社がおなじみです。

東京からのお客様やお友達が新潟に来ると
「パワースポットの弥彦神社に行きたい!」
と言われる確率高し。

確かに、
あの大きな鳥居を抜けると空気が違って感じるのは
私だけじゃないはずです。

その!
弥彦村が!!
枝豆に力を入れているのをご存知でしょうか。
それも、村長自らがトップセールスマンとなり
海外輸出(それもドバイがターゲット!)を狙っていることを。

枝豆課長(正式名称は農林課長)には
農協でプロとして勤務されてきた方を起用され、
かなり大掛かりな施設も建設されたとか。
(近いうちに見学させていただきます!)

思えば5月の新潟日報さん主催のフォーラムで
弥彦の小林村長とご一緒させていただいた事がきっかけで
庭園の郷保内でも取り扱いをさせていただけることになりました👏

※ 関連ニュースはこちら
新潟日報モア
https://www.niigata-nippo.co.jp/niigata-areasolution/kenoh/feature/pg5-01.html

このフォーラムの3日後には、
弥彦村の枝豆課長(いや、農林課長)からお電話をいただき
あっという間に商談が成立しました…
そのスピード感に
小林村長のビジネスマンっぷりに頭が下がります。

お盆に合わせて予約販売させていただきます。
予約開始の際は、ブログなどでご連絡しますので要チェックです!
新潟県内、弥彦村以外で手に入るのは
庭園の郷だけっ!

夏の贈り物にもぴったりな冷蔵ケース入りもご用意。
弥彦村の渾身の枝豆をぜひご賞味ください。

↓ 弥彦村長の厳しい審査をクリアしたパッケージ。

もちろん、毎日朝採りの野菜を届けてくださる
農家さんの枝豆も絶賛販売中です!

新潟の夏の食卓にはいくら枝豆があっても足りないもの。
今年はぜひ
様々な品種の食べ比べをしてみてください!

新潟経営大学×保内(つづき)

さて、先日のワークショップについて。

1限 近藤教授の地域観光についての講義
2限 地域の価値を洗い出すワークショップ(⇦ここから参加)
3限 観光地経営という視点からの観光商品づくり
4限 発表

という内容でした。
世代も肩書きも関係なくチームを作り
皆さん真剣!
(実際、加茂市の副市長や市議会議員、
写真の専門家など様々な方が参加していました。)

観光関連の業者さんも来られていて
現実的な観光商品、ツアー計画をされていました。
(もちろん、ちゃっかり道の駅 庭園の郷保内も
ルートに入れていただきます💪)

地域観光のポイントは
・経営に持続可能性がある
・地域に物理的、精神的な利益をもたらす
ことが大きなポイント。

コロナを経験して
『ただ待っているだけ』
の観光は持続可能性が低いことが判明してしまった今、
日々地域の方が潤いつつ
外から来る人を受け入れる
という人の流れを作ることが重要だなと感じました。

地域観光のポイントは、
そのまま道の駅運営にも当てはまります。
たくさんのヒントをいただきました。
お招きいただき、ありがとうございました✨

そしてお隣、加茂市の発展は
ダイレクトに庭園の郷保内の活性化に繋がっていくと思いますので、
引き続き新潟経営大学さんとの
ご縁を大切にしていきたいと思います!

新潟経営大学×保内

新潟経営大学のワークショップに参加しました。
「加茂市民と観光まちづくり講座」
です。

この会を主催した近藤教授とは
保内を舞台に4年間
『道の駅を核とした保内地域の観光宝さがし』
というテーマで一緒に研究活動を行ってきました。

三条市や北陸「道の駅」連絡会の協力もいただき
道の駅が地域のゲートウェイとなるには?
道の駅から始まる交流人口の増加の仕組みとは?
といったことを
学生たちが中心になって考えてきました。

・道の駅でのアンケート調査
・保内地域を歩きまわって、観光の種探し
・国際大学の留学生に協力してもらってテストマーケティング
・カレンダーやマップづくり…

などなど、4年かけて行ってきたことが
保内のオープンガーデンやまちあるきのプログラムになっています。

参考までに、2年目の報告書がHPにアップされていましたので
お時間ある方はぜひお読みください。
(報告書が論文で、毎年かなり苦労しました…)

※北陸地域づくり協会 第25回事業報告
「道の駅」庭園の郷保内を核とする訪日外国人旅行者拡大のための研究事業http://www2.hokurikutei.or.jp/works/public/josei/data/25/06.pdf

この活動がベースとなり
今回加茂市の方々を巻き込んだ活動へと昇華しました!
近藤教授や新潟経営大学の皆さまが
常々「地域のためにある大学」
を意識されていて、その想いの成果だと思います👏

学生合わせて50名もの参加があり、
とっても活気があった!
僭越ながら、私と広報の進藤が途中からゲスト参加させていただいたのですが
元々加茂市民なので
私自身もかなり楽しませてもらいました!

長くなったので、詳細は後日…

北五百川の棚田

GW明けの今日は、とっても良いお天気!
(GW中にこのお天気欲しかった😢)

「道の駅」漢学の里しただに用事があり訪問したら
駅長が棚田に連れて行ってくれました。
恥ずかしながら…
棚田100選にも選ばれている三条市が誇る絶景に
初めて行ってきました!

写真で伝わるかな…
お天気も相まって、本当に美しい風景でした✨✨✨
癒された〜

ここを開拓して、
水を引いて
毎年管理していく。
この場所に住むというのは容易なことではないと思いますが
この絶景には敵わないなぁと思いました。

道の駅漢学の里しただとの
インスタグラム対決はいつも負けてしまうのですが(笑)
これには敵わないよ…

駐車場も東屋も整備されていて、
ちょっとしたお散歩には最適!

今日も何組か訪問されていましたよ。
田植えが終わるとまた緑が増えて、違う景色になるんだろうなぁ。
その頃また行ってみたいと思います。

GWのおすすめ商品③

おすすめしたい商品は山ほどあるのですが…
GWの中日、お家で新潟ならではのおやつはいかが。

この山盛りの商品群は
新潟ならではのお菓子の一群!

誰もが佐渡への修学旅行で買ってくる
アノ!飴ちゃんとか…
ビールにピッタリの柿の種とか…
辛いもの好きさんにオススメの大辛柿の種とか。

サラダホープコーナーや
昔からこの地域で愛されているお茶うけ菓子が勢揃い!

これを目当てに庭園の郷保内に来られる常連さんも
たくさんいらっしゃいますよ。

GW、新潟お菓子の食べ比べなどいかがでしょう♪

GWのおすすめ商品🍜

私が紹介するまでもなく、
バカ売れしている商品なのですが…

ランチタイムに、
いきなりの「お腹すいた!」への対応に、
(主婦あるある!子供からのいきなりの攻撃!)
呑んで帰ってきたお父さんに…
(最近は、あまりこういうシチュエーションはないかな😅)

家族でもひとりでも
美味しくいただけるラーメンセットです。

スープは湯煎でオッケーなので
10分もあれば
本格ラーメンの出来上がり!

餃子は20個も入って
600円台というお手頃価格。
ラーメン&餃子セットがお家でできちゃいます!

三条発! 『ののや』のラーメンセット、
めっちゃ売れてます!