秋の寄せ植え

ここ数日は雨が続いて過ごしやすい気温の日々が続いています。
1日2時間以上かかる園内の水やりも少し休憩…

スタッフが秋の寄せ植えを作成していました。

アカバセンニチコウの赤い色が秋の気配。
ハツユキカヅラ大好き!

緑の生い茂る時期から、またガーデニングが楽しめるシーズンに突入です。

来年のお庭づくりを想像しながらお手入れするのも楽しみですよね。
9月は植木まつり、ガーデンフェスとイベントが控えています。
もちろん工場の祭典も今年も参加します。
準備も着々と進んでいますので、お楽しみに!

野菜も安い…

昨日からはお盆の準備に大忙しの主婦の皆様に混じって、帰省中(らしき)ご家族連れも多く見受けられます。
おかげさまでカフェとカブトムシコーナーが大混雑!

みなさん(もはや地元の方も)目を疑うほどの野菜の安さ!

ししとう。この袋いっぱいで108円

 

常備野菜の定番、玉ねぎもこれで200円とか…

 

ナスも一袋108円とか、120円とか、200円とか…ありえない(笑)
小規模農家での生産者さんがほとんどなのでコンスタントな提供は難しいけど、その分顔が見えてやり取りできる安心感には変えられませんよね。

運よく生産者さんがいると、ほぼ100%おまけしてくれます!
トマトが少し痛んでいるのを、「もう捨てるだけだからあげるよ」
とか、
桃を一箱遠方まで送りたい、というお客様に「じゃあ、これは今食べる分!」と3つもサービスしたり…

(いや、どちらかというと駅長泣かせではあるんだけどね!)

試食もじゃんじゃん出してくれるし、とにかく太っ腹。
ハウス栽培じゃないお野菜は、本当の旬が味わえるのも魅力です。旬を逃さずに収穫するので、トマトはトマトの味、キュウリはキュウリの本当の味がしますよ。

来年のお盆は、もっと野菜を見やすく、お求め安くできるように売り場を考えたいと思っています。

一年で、いちばん花が売れる日。

こんなにあったのに…

 

これしかなくなった…

去年の2倍は用意したのですが…明日の分をあわてて発注しています。
やはり来年はご予約をおススメします。

今年、とある一人暮らしのおばあちゃんからお電話がありました。
「お盆花を配達してもらえないか?」
というご相談だったのですが、スタッフの通勤途中だったということもあり配達させていただきました。

お一人暮らしなのですが、ご注文いただいたお花が合計12束!
ご親戚のお墓すべてに供えるとのことでした。
「近所のお花屋さんが廃業してしまって、本当に困っていた」
ということでした。
お役に立てて良かったなと思ったのですが、きっとそういうお宅はたくさんあるんだろうなぁ…
と。来年は事前予約でそういったお宅にお届けできるようにしてみたいと思っています。

みなさま、良いお盆休みをお過ごしくださいね。

今年も工場の祭典に参加します!

燕三条の秋のイベントといえば、工場の祭典!!
毎年100社以上が参加するオープンファクトリーイベントです。
詳細はこちら→https://kouba-fes.jp/

かなりエリアが広いのですが、私たちの所属する「井栗エリア」では、『ルート403スタンプラリー』を今年も開催!
三条市の北側〜加茂市にかけてのエリアに点在する工場を繋げて回ってもらおう、という取り組みです。

どうしたら興味を持ってもらえるか?
どうしたら楽しんでもらえるか?について真面目に議論中!

詳細決まったらご紹介します。
10月3日〜6日の4日間は、燕三条へ!

 

お盆の準備。

三条新聞さんに載せていただきましたので、ご覧になった方も多いかな。

 

 

 

県央ドットコムでも…
県央の誇る2大メディア様にはいつもお世話になっております。ありがとうございます!

 

 

 

記事はこちら↓
http://www.kenoh.com/2019/08/07_honai.html

昨年は想像以上にお求めのお客様でごったがえし、ご迷惑をかけたので…
今年は商品もスタッフも場所も増量してお迎えします!

単品のお花やお供え物も少しずつ入荷してます。

 

私も予約しなくちゃ。

夏のお土産。

夏休み。庭園の郷のショップもこんな感じで新潟土産まつりになっております!!

長岡駅で売り切れだった「柿の種 花火缶」もあります♪

私も、季節に合わせて遠方のお友達に新潟土産を送ります。

今年はこんな感じに。
もう店頭にないものもありますが…

特に『柿の種のオイル漬け』はテレビでも紹介されて以来大人気で、品切れになっているところも多いとか。
ザクザクの柿の種とピリ辛ラー油が絶妙♪
庭園の郷でも、まとめてお買い上げいただく方も多いおすすめ商品です。

ありきたりのお中元に飽きちゃった!という方は、ぜひ。

【道の駅考察】地元野菜の使い方あれこれ

道の駅には3つのミッションがあります。

1、休憩機能(全ての道の駅で、お手洗いと駐車場が24時間無料で利用できます。)
2、情報機能(交通、観光など優良な情報をお届けします。)
3、地域活性機能

それぞれの道の駅で工夫を凝らして取り組んでいますので、その事例を備忘録も兼ねてご紹介できたらと思っています。

今日はとっても仲良くしていただいている、千葉県の『みのりの郷東金』さんの取り組みを。

ほとんどの道の駅で販売されている「地元野菜」の使い方。
道の駅といえば、地元野菜をお手頃価格で販売しているところ!と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

(実際はそんなことはないんですよ。野菜を売っていない道の駅も存在します。)

庭園の郷も保内地域をはじめ、三条市内、お隣の加茂市の農家さんのお野菜の取り扱いをしています。
庭園の郷に出荷して、買っていただくのを楽しみに日々農作業をされている農家さんも多いのでとても責任を感じて、取り扱いさせていただいています。

特にこの時期は一年間で最も野菜の量が多い時期。
トマト、きゅうり、なす…
とにかく夏野菜が大量に出荷されてくるので、日によっては全て売り切ることができずにお返ししなくてはいけないこともあります。

期間限定でやっているビアガーデンで利用させてもらったり、漬物などに加工できないか?とご相談してみたりしていますが…

何か良い消費方法はないものか、といつも考えていたところ、東金さんでこんな取り組みをされていました。
レストランの、「前菜バイキング!」です。

4〜5種類の前菜が楽しめるバイキングです。
もちろん、オール地元野菜。
バイキング形式のレストランは『漢学の里しただ』さんや『パティオにいがた』さんの農家レストランでも取り組まれていらっしゃいますが、

”前菜だけの”バイキングというのはあまり見かけない。
おまけにセットにすると+¥300という優しさ… 地元野菜利用でしかなし得ない技です。

全てをバイキングにするというのは、実際はとってもハードルの高いことなのですが、前菜だけ、というのは取り組みやすいなと思いました。

地元の美味しい野菜を召し上がってください!というメッセージであると共に、
地元の農家さんの収入を増やすというミッションも同時に叶えています。
もちろん、お客様の満足度も上がる。

こういう三方良しのアイディアをどれだけ思いつけるかだと思うので、
参考にさせていただきたいなと思います。

とりあえず、ビアガーデンでは地元野菜をふんだんに使わせていただいていますので、ぜひどうぞ。

 

アートミックス、と保内。

懲りもせず新潟総踊り様ネタです。

新潟総踊り祭実行委員会様が企画しているもうひとつのイベント、
アートミックスジャパン

毎年名だたるアーティストを招いて開催されるこのイベントは、
主婦仲間の間でも「気になる」「行ってみたい」との声多数。
伝統芸能をアーティスティックに見せる演出は素晴らしいなぁと思います。
それによってハードルが下がって身近に感じてしまうのですよね、本当に不思議。

HPより拝借。

さて、そんなアートミックスジャパンですが、保内と親和性が高いと思っています。

なぜなら日本庭園はもはやアートだから!

最近ではお付き合いのある盆栽の聖地、大宮のイケメン盆栽師、平尾さん(関連記事はこちらhttps://honai-gardens.com/blog/archives/803/)が瀬戸内芸術祭に参加されたり、フジロックでの活動もされています。

盆栽と庭園は一緒にはできないことは重々承知ですが、その中で自然を表現しているという部分では一緒。

日本への外国人旅行者の目的のトップ5には必ず『日本庭園鑑賞』が入っていますしね。

産業としては、時代に合わせた造園づくりや管理技術を継承していく必要があるけど、アートとしての一面もこれからの保内地域の産業発展のキーワードになると個人的には信じています。
来年のアートミックスジャパンをお楽しみに!

 

新潟総踊りの理念とビジョンに惚れました。

6月にはじめて新潟総踊り祭事務局様へ打ち合わせに行った時に、その世界観に圧倒されました。

自分たちの目指すところの動画を観せてくださって、そこから翻って今やっている事をその理由と共に説明してくださったのですが、
壮大なその目標に迷わずに進んでいる姿は素直にカッコいいなぁと思ったし、
一緒に何かできたら嬉しいなと思いました。

「みなさんのイメージする新潟はどんな形ですか。」
と質問したら、
「港町。たくさんの人が行き来して、多様な文化が混ざり合って新しいものを生み出す感じです。」

と迷いもせずにおっしゃいました。

HPから拝借。

…カッコいいじゃん!!
米でも酒でも雪でもなく、”港町”ですよ!
少なくとも、私にその発想はなかったな…

そんなわけで一瞬にして総踊りチームの理念やビジョンに惚れ込んでしまいました。
これからが楽しみです!

写真は打ち合わせ前に食べた万代バスセンターのカレー。
事務所がバスセンターの上にあるのです。
やっぱりミニにするべきだったと後悔しました…

 

にいがた総おどりとコラボします!

『にいがた総おどり』といえば、もはや新潟県を代表する一大イベント!

日本各地だけでなく、世界からもエントリーがある踊りの祭典です。
今年9月に行われるイベントで、コラボさせていただきます!!!

総おどりのHPから拝借。

万代のメイン会場は有名ですが、私たちは新潟駅南口の広場、通称『駅南ひろば』の舞台装飾をさせていただきます。

新潟農業・バイオ専門学校の園芸デザイン科のみなさんのご協力もいただきます。
未来の園芸・造園業を担う若者たちと一緒に大きなイベントを盛り上げられる事は本当に嬉しく思います。

快く 了承いただいた総踊り祭実行委員会の岩上さん、ありがとうございます!!
楽しみです。