三条第三中学校の取り組み。

コロナ禍において、学生生活はかなり不自由なものとなっています。
第三中学校のPTAの方から
職業体験ができないので、協力してもらえないか…
という相談をいただいたのが9月。

三条第三中学校では例年、三条市内の企業や店舗さんで数日間の職業体験を行ってきました。
(我が家の2人の息子たちも同様に勉強させていただきました!)
昨年度から、感染症対策でその授業ができずにいるとのことでした。

現場にいる者としては
むしろ感染症対策を行なっている場面の体験こそ、
体験させてあげたいところなのですが…

もちろん、ぜひご協力させてくださいということでお答えしたのです。
が!!!!!

結局、学校としての結論は
『現場に生徒を行かせることはできない、でも何らかの形で職業体験をさせてほしい』
というめっちゃハードルの高いミッションに!

気持ちはわからなくもないのですが
個人的には、あまりに過剰な対応なのではないかと思ってしまいます…

とはいえ、オーダーにはお答えしたいので
広報の進藤と考えた結果
『道の駅 庭園の郷 保内 の企画担当になったつもりで、道の駅を盛り上げる企画を考えろ!』
という授業にさせていただきました。

一回オンラインで授業(打ち合わせ)をし、
あとは生徒たちが主体となって情報を集めながら企画を考えてくれました。

そして先日。
その企画を学年の代表者2名が届けにきてくれましたよ!

内容も、今すぐ取り入れたい素晴らしい企画ばかり。
本当に一生懸命考えてくれたのが伝わってきました。

こうして関わってくれたことで、
道の駅 庭園の郷 保内を身近に感じてもらえると嬉しいなぁ。

先生方、PTAの皆様お疲れ様でした。
こういう形の職業体験、悪くないと思いました!