母校が閉校します。

今日は、母校の加茂西小学校で
6年生に向けて授業をさせていただきました。

道の駅ってなに?
どうして駅長になったのか?

という事から、校長先生のご希望で
道の駅 庭園の郷保内に就任してからの
3回の海外経験についてお話ししました。

保内小学校の4年生は、
総合学習で毎年 道の駅に勉強に来ます。
ありがたいことに、
子供達にとって道の駅が自慢の場所であり
地域に誇りを持つきっかけになっているということを
年々強く感じることができています。

加茂西小学校は今年で閉校になり、
お隣の小学校に吸収合併されてしまうのですが
地域の誇りを忘れないでほしい
という校長先生のご要望で
海外に行って感じることのできる、地域の良さだったり
道の駅の仕事を通して感じている
全国にも誇れる地域の魅力についてもお話ししました。

もちろん、農産物や地場産業によるプロダクトも魅力的なのですが
個人的には、圧倒的に越後平野の景色が一番の魅力だと思っています。

一年を通してどの季節も美しい。
海外に行くたびに、ぜひ外国の方にたくさん見てほしいなぁ
と思います。

そのためにも、子供達には好奇心に素直になって
どんなことにもチャレンジして欲しいな!
という事を精一杯お伝えしました。

ところで、
加茂西小学校は現役の木造校舎というのも自慢ポイント。
新潟県では1校だけなのだとか!