にいがた下越駅長交流会のこと。

4月に発足した
にいがた下越駅長交流会。
月1回程度の会合を行い、
文字通り道の駅同士の交流が活発に行われています。

先月の会議にはメディアからも参加があり
新潟日報さんでは早速記事にしてくださいました。
いつもありがとうございます。

(会議の中で出た
県央地域の道の駅連携について
取り上げていただきました!)

また、上越駅長交流会の設立を目指したいと
道の駅 能生の駅長が
遠いところ参加してくれました。

来年4月にリニューアルオープン予定の
道の駅 加治川 からも
新しい駅長さんがいらっしゃいました。

こうして連携の輪が広がっていくことに
個人的にはとっても感動しております!

阿賀の里の林駅長と一緒に
新潟国道事務所に下越駅長会の協力を求めて訪問したのは
去年の秋頃。
あっという間にこれだけの広がりになったということは
きっと、それぞれ求めていた、って事なのでしょう。

駅長交流会を通して、
アフターコロナを目指したイベントや連携事業を模索しています。
少しずつ概要が固まってきましたので
夏が終わる頃には発表できるかな。

新潟県の道の駅に注目です!