世界で4本しかない桜の品種🌸🌸🌸

今日も桜の話題をひとつ。
保内地域に、飛中桜(とびちゅうさくら)という品種の桜が一本あります。
これ、実は世界で4本しかない桜❗️
持ち主の飛岡さんが商標も取られているのですからすごい。

濃いピンク色の花が密集してさく姿が印象的。

寒緋桜と他の花の交配種だとか。
休耕田の畦にポツンといつの間にか生えていたもので、植木の多い保内地域でも見られないものだったそうです。
数年経って、飛岡さんが自身のお名前から『飛忠桜』と名付けました。

近所の皆様の憩いの場所になっているそうですよ。
挿木して育てていらっしゃるみたいなので、いずれ皆様のもとにお届けできるかも❓

そんな貴重な桜の枝を、今回のリニューアルオープンに合わせてご寄付いただきました。ありがとうございます!!

飛岡さんはいつでも見にきて!とおっしゃっていますので気になる方は道の駅庭園の郷保内にお問い合わせください📲