一日中、立ちっぱなし。
延々と切花の長さを揃え、
下の葉を取り、お花を組み直す
園芸装飾士のヤマギシ氏。

14時に「お昼食べた?水飲んでる?」
と声を掛けたら
「まだ...。お茶位飲もうかな・・・。」

緊急、給水!
倒れられたら困ります。

「ご先祖さまをお迎えする花だから。」

1杯のお茶で復活したら、
また作業に戻っていきました。

仕入れたお花にここまで手をかけるのは
花に対する愛情と
お客様の満足のためでしょうか。

「ここのお花安いーー!」
「この花でこの値段なの!?きれいだし!」

入口で、思わず声を上げたお客様。
たくさん、盆花の束を抱えて帰るお客様。

ありがとうございます。
後で、作業に夢中のヤマギシ氏に伝えます。

先程、元気なお花が追加されました。
明日も、スタッフみんなでお渡しします!